◆2015.12.4 八大学工学系連合会「博士フォーラム」に参加しました!◆

 12月4日、大阪大学豊中キャンパスにてかの有名な八大学工学系連合会が開催され、平尾研の長久保白特任助教(私)が参加しました!いやいやいや、ちょっと待てよ。え?何それ?八大学工学連合会?博士フォーラム?そんなん知らんわ!って人がもしも万が一おられましたらこちらのHPでも参考にしてちょっとは勉強してください。私も今回、初めて知りましたので(笑)
 旧帝大(東大・京大・阪大・北大・東北大・名大・九大)+東工大の八大学の中で、工学部(阪大のみ工学部&基礎工)に所属する博士後期課程の学生を集めて毎年何かやっていたらしいです。どうやら平成16年(2004年。私が高1の時)から開催され、平成27年度の今年で12回目の模様。ほほぉ〜。それなりの規模と歴史があるけど、ぜんっぜん知らなかった(笑)すみません。。。

 その博士フォーラムに平尾研の長久保が参加しました!まずは話すと本当に長くなるその経緯からお話ししましょう。


 時は遡ること11月某日。夕方頃にのびのびと研究をしていると、私の居室の方まで向かいの研究室の教授の先生が突然直々にやって来られました。特に心当たりも何の心も準備していなかった私に
   「長久保先生、いる?」
とのこと。まずあんまりまだ長久保先生なんて呼ばれ慣れてないしこの時点でなんか怪しい。。。(笑)そして続けて
   「12月4日の午後、空いてる?」
ですって(笑)どうやら要件を先に聞くか予定を先に聞くか考えた末、予定を先に聞く作戦に打って出られたそうです(笑)慌ててスケジュールをチェックするとその日の予定は何もない。
   「・・・空いてます!(笑)」
と全力の返事をすると大変ありがたいことにこの博士フォーラムのお話を振ってくださりました(笑)どうやら私のボスである平尾教授へは事前に申し合わせをしていたそうで、「どうぞ直接誘ってください」と許可はもらっていたそうです。そして内容の話へ。
   「各大学・研究科から博士号をとられて間もない若手の先生と、今博士課程に在籍している学生を集めて自由討論を
    することになって、長久保先生には5分ぐらいの簡単な意見紹介とその後の自由討論に参加していだたきたい」
そうです。えぇ、返事はもちろん、
   「喜んで!(笑)」
二つ返事で私の参加が決まりました(笑)どうやら今年は阪大が幹事校らしく、工学研究科・基礎工学研究科・情報科学研究科から1名ずつ若手教員を派遣するそうです。それってつまり、なんかようわからんけど俺は基礎工全体の代表ってこと?思ったより大役だなぁー(笑)とか思いつつも、まぁふら〜っと参加してふわふわ自由討論に混ざればいいんでしょ?まぁそのぐらい何ともないさ♪とかこの時はだいぶ甘く見ていました(笑)

 とりあえず、場所すら聞かされてないんですが阪大でいいんですよね???


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜本番1週間前〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 お話を頂いたのち、大学院係の方からプログラムや場所などの連絡をいただきました。おっ♪無事阪大だししかも豊中キャンパスの大阪大学会館じゃん♪これは移動に時間もかからないし、俺楽でよかったぁ〜♪とかどんどんイージーモードになっていきます。
 そして阪大が幹事校ということで、各研究科から1〜3名ずつ現役博士コースの学生の参加も募ったそうです。当日いきなり顔を合わせて自由討論というのもあれだから顔合わせを兼ねて1度基礎工の会議室で打ち合わせをすることになりました。
   「確かにまだこの会の趣旨とかよくわかってないところも多いしこれはありがたい♪
    しかも基礎工の会議室なんて、ますますもって楽ちんだなぁ〜♪イージーモード万歳♪」
とかなめた状態で会議へ向かう私。
 すると会議室へ現れたのは例の教授。あっ、この先生が今回の博士フォーラムの阪大全体を仕切っていらっしゃったんだぁ〜と、身近な先生がヘッドであることにまず少し驚きます。ちなみにたまたまちょっと知り合いの機能創成の学生さんもいらっしゃいました。

 そして今回の趣旨の説明。

 どうやら今までは博士の学生を集めてまぁ一般的な学会のようにポスターなどで研究発表やその他討論をやっていたみたい?ですが、連合会の会長?のほうから「何か新しいことをやれ」的な指令が下されたそうです。そしてたまたま幹事校に当たっていた阪大で、担当のこの教授が
   「若手教員・現役学生を集めて博士課程について自由に討論し、率直な意見を聞きたい」
と思いつかれたそうで、何もかも新しい取り組みらしいです。なるほど。つまり、前例はないと。
   「参加者の多くは分野も専攻も違う利害関係のない人ばかりだから是非好きなことを喋ってくれ」
ってめっちゃ知り合いの先生に言われても(笑)そして今回の全く新しい形式のフォーラでは
   「あまりこっちがこうせいああせいというよりも、先生方のやりやすいように自由にやっていただく方がいいかと思って」
ということで、私を含む阪大の若手教員3名には意見紹介の進行、自由討論の司会進行・アジテーター・サマリーの作成をやってほしいとのこと。・・・なんだってぇー!?!?!?いやいやいや!聞いてない聞いてない(笑)えっ?仕事内容思ったより重くない???いやいやいや、やりやすいように自由に、って、いやまぁ、えぇっとそう、なの、か!?!?!?

 先生の方からの説明が一通り終わると、“名簿順”という正当な口実を巧みに利用しながら
   「では今日の会議の司会進行も話の内容も、長久保先生お願いします」
って、いやちょっと(笑)他専攻の人はきっとそんなに違和感ないんでしょうけれど、同じコースでふつーに授業も受けてたし今もよくすれ違う先生からよそよそしく依頼されるっていうこのシュールな状況(笑)何だろう、これはやる気出てきたぞ〜っ!


 結局この日の会議では博士課程に対してどんなことを感じていたのかある程度お伺いし、この1週間でさらに議題を集め、あとは私とあと2名の若手教員の方でまとめて当日はなんかうまいことやることになりました。いや、俺らの仕事全然終わってない(笑)何よりも自由討論2時間!?えぇ〜・・・どうしよう。。。

 あとこのフォーラムのプログラムの最後にレストラン「宙」にて懇親会が予定されているんですが、なんと参加費1500円を払わないといけないとか。えっ!?いや、払えるよ?払えるし、払うけど、いや、でもさ?(笑)別にこのフォーラムに関して日当や時給をよこせとは言わないし、懇親会の参加費も払えるけど、いや、これ、自腹で払うの???(笑)いや、言っときますけど、もちろん払えますけどね!?!?!?(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜待ちに待った本番当日!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 さて、気がついたら1週間なんてあっという間に過ぎ去ってしまいました。この間に私・工学部の先生・情報の先生の3名はメールや電話や直接お会いして打ち合わせを行い、資料の作成や役割・流れの確認など頑張ったんですよ〜♪あと心配なのは自由討論。

 フォーラム自体は13:00からですが当日も部屋の確認と最後の確認のため10:30から会場に参集する3名。全員初対面だったんですけどね、実は工学部の先生も情報の先生も驚くほどいい方で本当に助かりました!助かりましたっていうか、いろいろ勉強になりましたし、もうこの時点でお仕事ご一緒できてうれしいなぁ〜♪と私は既に喜びを隠せません。活発な議論を行うために机の配置なども色々と試し、なるほどなぁ〜と和気あいあいとした空気を楽しみながら準備に取り組みました♪これで自由討論もきっと盛り上がるはずや!きっと、そう信じている!!!

 ただこのフォーラム、他大学からも若手教員の方が1〜3名参加して下さる以外は博士学生の参加者が0(笑)我々含め全体で19名という規模でした。
   「まぁ各自意見紹介して自由討論するにはこの程度の人数がいいのかなぁ〜?」
って思っていたんですが、19名の参加者に対してオブザーバー的な年配の教授の先生方の参加人数が合計26名(笑)ってこれなんやねん!?30名弱のお偉い教授の先生方が狭い会議室の後ろで見つめる中、20名弱の若手科学者が博士課程に対して愚痴を言ったりいろいろ偉そうなことを言うって大丈夫なの・・・???戸惑いを隠せない3人でした。(笑)

 セッティングが終わると大体11:30。「じゃあ私、ここで仕事してますんで」ってあれ?なんやったらお昼ご飯3人で食べるのかなぁ〜?とか思って私はお弁当持参でやってきたんですけどまぁそりゃそうですよね(笑)


 いったん部屋に戻って「ライト先生のライト」で一通り研究室の学生たちと盛り上がったのち再び会場へ。他大学からの先生方も来られ、後ろにはずらりと年配の先生方が並び、午前中とは打って変わって会場には厳かな空気が立ち込めます。
 いよいよ始まると最初に阪大まとめ役のあの教授の先生からご挨拶が。
   「堅苦しい建前論ではなく、利害関係のないメンバーで自由な本音を聞きたい」
と今回の趣旨を説明されたのち、開会の挨拶に登場されたのは基礎工学研究科長の河原先生。・・・いや、だから!俺めっちゃ知り合い!!!(笑)場所が有利な分、メンツが不利です。いや、別に“不利”じゃないし多分実際は他の参加者の方々も似たようなもんなのでしょうけれど。。。(笑)

 そして本日の司会進行ということで我々3名が挨拶をして、まず一人5分程度の意見紹介へ。トップバッターは、私です♪
   「いや、“自由な本音を”って言われても・・・あの先生方の前で???」
とか、こんなところで委縮するような私じゃありません(笑)ドクターに進学した理由から、それにまつわる最終的なオチと「結婚・彼女ができない」という現在最大の悩みまで自由にぶちまけて手短にきっちりと場を盛り上げて参りました♪えぇ仕事したなぁ〜♪って一人で満足感に浸っていたら今日の終わりの懇親会で例の二人の教授の先生方からそれぞれ
   「いや、長久保君の最初のトークが良かったよ!」
   「あれで場の空気が一気に和んだ!」
等とお褒めの言葉を頂き、真に受ける幸せ者の私(笑)
   「これも先生方の指導の賜物です♪」
とか教科書通りの返事をしたら
   「またまたぁ〜!!!(笑)」
ってこの先生も楽しそうですね(笑)何にしても良かったです♪

 ちなみにそのおかげか否かは定かじゃありませんが、同じようなご意見を他にもお伺いしたのでこっそりご紹介しましょう。
   ●「ドクターに行くとは、何かをあきらめること。それは就職?だったり、女性との出会いだったり」
って諦めてへんわ!勝手にセッションをクローズしないでください。(笑)

   ●「私の所も似たようなもので女性はほとんどいません。でも大丈夫です。保健センターに行けばめっちゃ会えます!」
そうか!なるほどぉ〜!!!いや、なるほどじゃない(笑)あかんあかん、ちょっと違う気がする。。。

   ●「皆さん女性との出会いがないって言いますけどね、男子校出身の私からすれば“大学に行くと女性がいる!”
     ってのでもう毎日楽しかったです」
・・・ごめんなさい(笑)

 言っときますけど、大概の時間は「学振の予算を自ら執行し研究プロジェクトを進行する面白さと難しさ」だとか、「論文を書く・国際学会に出る楽しさとむずかしさ」など、もっとまじめな話をしてましたからね???
 ただ場が盛り上がったのはいいんですけれどだいぶ序盤の頃から「交代含めて1人5分程度」ってルールはぐだぐだ(笑)タイムキーパーを担当して下さった先生がすげぇ困っていらっしゃる姿が目から離れませんでした。


 なんにしてもこれだけ意見紹介も盛り上がったんだからきっと自由討論も盛り上がるはず!休憩中も割と色々話も盛り上がったし絶対大丈夫や!って期待していたのにやっぱり自由討論の空気はだいぶ硬く重たい。。。(笑)このあたり、話題の選択や時間の使い方など、司会を担当した私がいろいろ未熟だなぁ〜と深く反省しました。
 2時間の自由討論を前半・後半に分けて、前半の司会を私が担当したんですね。後半の司会を別の先生がされ、もう一人の先生は会議内容のメモを取りサマリーを担当してくださいました。すると後半の討論はよく話が回るし、最後のサマリーはなんか同じ空間にいる人が並列で作業していたとは思えないほどのハイクオリティでただただ圧倒され、本当にいい勉強になりました・・・!
 他の参加者の方々もそれぞれ独自のキャリアと情熱をお持ちで、共感する部分もあれば自分の未熟さを知る部分もあり、期待以上にいい勉強と素晴らしい機会となりました。


 無事討論が終わると宙にて懇親会♪ちなみに我々3名の参加費はいつの間にか免除されていました(笑)
 先ほどはお話が出来なかった教授の先生方や、他大学の先生方などと名刺交換をし意見交換をし、貴重なひと時を堪能してまいりました。夜はそのまま若手の参加者10数名で石橋へ繰り出し、今日の感想やもっと自由でざっくばらんとした話を交わし交流を深めました♪


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜博士フォーラムを終えて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 やっぱり他分野の人と話す機会や幅広いネットワークって大事ですね♪周囲からの刺激やアドバイスを受けることは、新しい事をしたいと思ったときや何か困ったときに大きな支えとなると思います。様々な新しい仕事も経験することができ、同年代の優秀な先生方と出逢うことができ、この度はこのような素晴らしい仕事をさせて下さり誠にありがとうございました。
 次回のこのフォーラムは九州大学で開催されるそうなので、これを機会に皆さんもぜひ参加してみてはいかがでしょうか?きっと素晴らしい出会いが待っていることと思います。

 最後までご拝読下さりありがとうございました。

戻る