◆2015.09.03 Nurmalia特別研究員の送別会を行いました!◆

 平尾研究室に2008年10月から博士前期課程として在籍してきたNurmalia現特別研究員がこのたび、2015年9月27日をもって平尾研を離れ10月からインドネシアの大学で職に就くことになりました!平尾研に在籍すること丸7年。これまでの研究成果をたたえ、これまでの労をねぎらい、迫りくる別れを惜しんで、9月3日に平尾研現旧スタッフ一同で送別会を開催いたしました。

 私(現在も写真家としてHPをにぎわせているあの伝説のHP係)が2010年にB4として平尾研に配属された時にはもうNurmaliaさんはすっかり平尾研・日本語に馴染んでいらっしゃいました。当時はお昼ご飯などにも学生みんなで出かけ、休日に研究室へやってくると友達の全くいない私を見かけてキャッチボールへ誘って下さり(なんで友達いないのバレたんだ・・・? 笑)、夜遅くまで実験をしていると悩み事を打ち明けて下さったりしたことを私は今でもよく覚えています。
 研究分野が違う(Nondestructive evaluationとPhysical acoustics)ため実は2回ぐらいしか一緒に学会へ行ったことがありませんが、その分報告会や研究室紹介ではEMATのことを英語で教えていただくことになり、若い時から刺激的な良い経験をたくさん積ませて頂けたなぁ〜と一人でしみじみと感謝いたしております。


 さて、個人的な前置きはこれぐらいにしてさっそく送別会へ向かいましょう♪お店はNurmaliaさんの知り合いのインドネシア人が経営する本格派インドネシア料理のお店at難波です!お店の紹介からメニューのオーダーに至るまで、主賓であるNurmaliaさんがやってくださいました!正確には彼女の指示を中村先生が忠実に実行するという安定感抜群のコンビネーション。これぞ平尾研の伝統芸能的なあれのなせる業ですね。(笑)
 今回の参加者は平尾先生ご夫妻、荻先生、中村先生、谷垣先生、八重川さん、舎川さん、私の9名です。

皆様おそろいのところでNurmaliaさんから一言ご挨拶。


そして乾杯♪もちろんNurmaliaさんはノンアルコールマンゴージュースです。もちろん私もノンアルコール♪(笑)


長年、苦楽を共にした平尾研一同と残りわずかとなった歓談を楽しんでいるご様子をご覧ください。


(左写真)左の方が八重川さんで右の方は最近ドクターをとった舎川さん。Master時代はNurmaliaの先輩だったはず!
(右写真)ガッキーこと谷垣先生。食堂で荻先生たちに「ガッキー!」って呼ばれる度に冷ややかな視線をかっさらうそうです。


ワイワイ盛り上がっています♪


そしてこの辺で記念写真を♪なんとこの写真を撮影後5分以内に中村先生がデータだけ持ってすぐプリントしてNurmaliaさんにプレゼントするというすんばらしいお心遣い&フットワークの軽さ満載のビッグサプライズが炸裂しました!!!


この印象的なお皿はインドネシアでは有名な料理だそうで、盛り付けなども含めてコンペティションが開かれるそうです。


 この料理がなかなかおいしいんですよ♪ほかの料理もおいしいのですが、真ん中の黄色いタワーは香りの付いたご飯で、おかずなしでもパクパク食べれるほど♪ぱっと見たとき、
  「(これ、9人じゃちょっと足りないかもなぁ〜・・・?)」
って一同心配していたのですが、すると誰かが声を出す前に
  「ご飯のおかわりはあるので言ってくださいね♪」
とのこと♪やったぁ〜♪これで遠慮なく好きなだけ食べれますね♪ほんとに、ご飯だけでもなかなかおいしいんですよ!いやこりゃ足りねぇなぁ〜(笑)

 。
 。。
 。。。
 って思いつつタワーを崩していると、写真では緑に隠されている中央部の土台が意外としっかりしてて、そこにみっちみちに圧縮されたご飯がたっぷり詰められていました(笑)
  「(いや、このご飯の密度は、ヤバい。減らない 笑)」
ってうっすら心配していると、そこへやってきたのは誰も注文してないはずのご飯のおかわり(ほっかほか♪ 笑)
  「わぁ〜♪嬉しい!炊き立てでホッカホカだ〜♪」
とか言うてる場合じゃない(笑)いや、ほんとにおいしいんですけれど、とりあえずプレゼント大作戦でいなくなってしまった中村先生早く帰ってきてください。。。ようやく帰ってきた中村先生へ放たれた荻先生の第一声は
  「中村!ご飯あるで!!!(笑)」

中村先生が無事生還され次第、いよいよ贈り物コーナー♪実は中村先生にとってはNurmaliaが初めて教えたPhDの学生ということで、中村先生にとっても感慨深いものがあるそうです。


プレゼント授与の瞬間を連射モードコマ送りでご覧ください♪




気になる中身は・・・ピンクでネーム入りの万年筆!いつまでも大切に使える良い品ですね♪


 最近は直筆の文字を書く機会も減っていますが、やっぱり万年筆っていいものですよね♪実は私も2014年ごろから愛用しています♪友達も彼女も教え子も何もいないためもちろん自腹で買ったものです♪(笑)すると万年筆の話題で盛り上がり始め、荻先生が
  「万年筆を使うとやっぱ文字をきれいに書けるからやっぱ万年筆いいよ♪」
とおっしゃるものなので、すかさず
  「えっ!?でも僕万年筆で書いても字汚いんですけど?(笑)」
って小ボケを挟むと
  「長久保は別や。」
と一蹴されました(笑)だがしかし!それを聞いておられた平尾先生は
  「あんたと荻は(字の汚さで)えぇ勝負や」
って私のことをフォロー(?)してくださったんですよ♪うふふ♪(笑)でも荻先生はすかさず
  「いや、僕、長久保には勝てる!!!」
と力を込めて再び一蹴(笑)この准教授、どんだけ俺の字をバカにするねん(笑)まぁもちろん自覚と自信があるので何の問題もありませんが(笑)

 ちなみに習字の先生の資格を持つ字の美しい後輩は以前
  「長久保さんの字はきれいになる要素がある(=現状では結局汚い 笑)」
ってフォローしてくれたことがあります♪(笑)ちなみにちなみにこの話を別の後輩にしたら
  「荻先生は字が綺麗な印象があった」
らしいです。よかったですね、荻先生!

 ・・・一見Nurmaliaさんの送別会一切関係ないように見えますが「ネイティブの長久保よりもヌルマの方が漢字きれい」っていうオチです、たぶん(笑)

最後に平尾先生の奥様からNurmaliaさんのお父様への贈り物♪


 このような感じで楽しい送別会は終了いたしました。Nurmaliaさん、今まで7年間本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございました!インドネシアに帰国されてからもさらにご活躍されること間違いないと平尾研のメンバー一同確信いたしております。またいつかお会いする機会、日本へ来られる機会、我々がインドネシアへ行く機会がございましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます♪
戻る