◆2011.7.14 伝説のソフトボール紅白戦を行いました!◆

 7月14日,快晴.
 歴史的名試合から一日が過ぎ,グラウンドは再び元の静けさを取り戻したかのように見えた.

 ・・・しかし
 最強をかけた闘いはまだ終わってはいなかった・・・!

 というわけで毎年恒例,ソフトボールの最後の楽しみ!
 「研究室を牛耳るマスター達VS先輩のおもちゃにされてるB4+立派な立派なドクター・スタッフ」で機械科学コース真のソフト最強チームの称号をかけて紅白戦を行いました!
 かけているのは称号だけであって,バーベキューの後片付けは一切含まれていないのでご注意ください.

 みんな揃ったようなのでちゃっちゃとはじめちゃいましょ〜♪
 挨拶も特になく,てきと〜にオーダーを相談していざ,プレイボール!

 本当にめんどくさいですが,一応せっかくなのでオーダーの発表.先攻はマスターチームです.

 1番:上原に負けてられるか!キャラだけでなく服の色までかぶってしまった昭和のCool Guy!楠本達也!(二)


 2番:いつでもどこでも常スマイル!とどまるところを知らない甘いマスク!川本徹也!(右)


 3番:最終決戦で一肌脱ぐぜ!パーフェクトバッティングピッチャー召喚!山本晃大!(投)


 4番:今日は守備でも魅せてやる!この勇姿,とくとご覧あれ!大浦総一郎!(遊)


 5番:稀に見せるファインプレー!通常時のヘボさとのギャップ効果で勝負する男!長久保白!(左)


 6番:ボキャブラリーの少なさで攻めろ!コミュニケーションが上手く成り立っていないが気にするな!西川慎太郎!(右)


 7番:セカンドの壁が遂に動く!サードからのレーザービームを見せてやる!坂本将規!(三)


 8番:朝8時に来て夜12時に帰る!超ストイックな見た感じチャラ男!坂本侑仁!(中)


 9番:希望ポジションはもちろんキャッチャー!バッティングピッチャーのリードは任せた!岡本純基!(捕)


 10番:なぜか突然ピッチャー希望!?ノーヒットでも抜群の出塁率を誇る天才!柳田泰次!(一)


 11番:紅白戦は気楽にいくぜ!突然のVBに悪戦苦闘!上杉研太郎!(二)


 以上11名,みんなで力を合わせて頑張りたいと思います♪
 一方後攻はB4チーム!

 1番:もはや不動の切り込み隊長!次期エースとして平尾研の命運を握る!前原敦!(投)


 2番:若いぜ!渋いぜ!Coolだぜ!青い服が彼をさらにクールに魅せる!上原克文!(三)


 3番:本当はバスケをしたい気持ちでいっぱい!そうだ,ソフトが終わればバスケをしよう!稲山享佑!(中)


 4番:平尾研きってのMr.ドS!礼儀正しさも兼ねそろえた出来る男!森川真好!(遊)


 5番:なんと彼は4人兄弟の末っ子だった!遅刻した言い訳は「あっちで待ってたんです!」森上健太!(一)


 6番:遂に試合初登場!さぁ,バットを置いて走れるか!?釣本契介!(左)


 7番:意外な声のデカさが売り!誰よりもこよなく寝坊を愛する!小池健太!(右)


 8番:チームスタッフの1番手!若い学生よりも若く生きる!中村暢伴!(二)


 9番:平尾研のPauliになると高らかに宣言!学生にとっちゃ恐怖の塊です・・・!荻博次!(捕)


 10番:年に1度のお楽しみ!溢れんばかりの大物の風格を解き放て!谷垣健一!


 11番:実はめっちゃスポーティ!3か国語を自在に操る留学生!Nurmalia!


 以上,たまたまちょうど11人対11人となった紅白戦の開幕です!
 (注:試合展開は編集者の曖昧な記憶と豊かな妄想力に基づいて記述されているため必ずしも正確とは限りません)

 試合は1回表,マスターチームの攻撃はちょいちょいヒットで出塁するも得点に結びつかないまま0点で終了.

 一方のB4チーム,全力のオーダー・全力の布陣でまさに「マスターどもをブッ潰す!」と言わんばかりの勢いで初回から一挙に3点を先制〜!

 マスターチームが追いかける形で試合が進んでいきます!

敵に回すと恐ろしいもんですね・・・!


 2回表の攻撃は試合でも大活躍したレギュラー陣の登場です!
 今までの激戦を勝ち進んできた猛者たちがプレッシャーから解放された今,その前に敵はいません!

 そして8番:坂本侑仁が見事にセンターオーバーのスリーベースヒットを放ちチャンスを作るも,続くキャッチャー岡本さんがあえなく凡退し0−3のまま2回裏の攻撃へ.

スリーベースヒットを放った坂本君,心からの笑顔が日光を光り輝いていますね!


 2回裏の攻撃では遂にわれらが中村先生・荻先生がバッターボックスに登場!
 普段はえらそーにしてるマスターたちが全員萎縮しながらも,詰まった打球で何とか打ち取り0点に抑えて3回の攻撃へ!

驚きの若さで尋常じゃない強打を誇ります.どこにそのパワーが蓄えられているのか将来の参考に教えてほしいもんです


 そろそろいい加減点がほしいマスターチーム.しかしB4の若さと勢いに押され,まったく点が入らないまま3回裏に突入〜!


 3回裏,B4チームの攻撃は先頭バッターのヌルマが見事出塁すると1番前原に打順が戻りビッグイニングの予感があたりを包み込みます!

 するとB4は卑怯にも後ろでサッカーをやってて守備のしづらいライトへ打ち込みツーベースヒット!
 さらにクリーンナップを打ち取った当たりをサードの名手坂本さんがまさかまさかの大暴投×2くらい!!!
 5番森上まで回って3点を入れられ0−6!

サードからのレーザービームはなぜかこの回のみ焦点が合わず・・・?サッカーやってる人にめっちゃ見られてますね


 しかしもうツーアウト,次のバッターは6番釣本!

 外野も極端に前進守備をし,全員よゆーで打ち取れると気を抜いていたその時!
 放った打球は彼の人生の中で最大の当たり!飛距離にしてきっと31.5メートル!
 前進守備をして完全に舐めきってるレフト長久保の背の高〜い頭上をさらに超えるツーベースヒット!

写真ではわかりづらいですがボールはグラブの奥にあります.いくらなんでも私もそこまで下手くそじゃありません


 ぶっちゃけ,思わぬバッターからも追加点を入れられ0−7といよいよマスターチームの敗北色濃厚になってきた状況の中4回へ突入!
 ちなみに紅白戦は7回まであります.


 そしてそろそろ点を返さないとほんとにヤバい中,マスターチームの放った打球はすべて内野どまり・・・
 堅い守備の前に三者凡退で4回表を終了〜!まだ1点も取ってません(笑)

二・三・遊の堅い守備の前に三者凡退・・・.まるでエラーする気配がなく称賛に値するプレーですね



 さすがに気合の入ってきたマスターチーム!全力で4回裏を抑えると5回表の攻撃で反撃に転じます!

帰ってきたレーザービーム.マスターズの内野だって負けちゃいません


 公式戦ではあえてデッドボールで活躍し続けてきた10番柳田さんが光り輝くツーベースヒットを放つと!

 11番上杉のバッドが遂に目覚めてホォーームラァァーーーン!

 ようやく3点を入れて3−7と追い返します!

さすが去年のキャプテン柳田さん!デッドボールで出塁した時並みにいい笑顔ですね!そしてナイバッティン上杉っ!



 しかしその裏,5回のB4チームの攻撃!

 全く空気を読まずに攻撃の手を緩めることなくさらに追い打ちをかけます!

 一進一退で盛り上がった決勝戦とは対照的に一方的に攻め続け,さらに2点を追加!

 3−9で5回を終わり,残すところあと2回になってしまいました.

全く遠慮なくガンガン攻めるB4たち!ほんまに・・・後でどうなることやら



 6回は表にマスターチームが1点を返すと裏の攻撃ですかさずB4チームも1点を追加!

 さらにノーアウト満塁と,悲惨な場面で回ってきたバッターがなんと4番:森川!

 コールドゲームの影さえちらつきだした中,彼の放った打球はセカンド強襲!

 すると今日だけ内野のキャプテン上杉がしっかり押さえて1アウト!
 そしてファーストへすかさず送って2アウト!
 アウトカウントをよく把握していない両チーム,あまりに見事なプレーのためダブルプレーでチェンジと錯乱!?
 その間にサードに送球してなんとな〜く3アウト!!!

 よくわからない点も多いですが,勢いよくトリプルプレーでB4をねじ伏せ,最終7回の攻撃へ移ります!!!

ナイスプレー上杉!さすがキャプテン,バッティングでも守備でも,ツッコミ以外なら何でもできます!



 勢いこのまま!「7回の奇跡をここで起こすぜ」と言わんばかりのノリで攻めに転じるマスターズ!!!

 しかし,人生勢いだけではどうにもならないことは多く1得点もできないまま無残に試合終了〜(笑)

 4-10でB4&スタッフ相手に完全にねじ伏せられてしまったマスターズ・・・
 しかし裏を返せば来年の平尾研も楽しみですね!

これで今年のM2の方は紅白戦まさかまさかの3連敗という奇跡.ほんとに,誰が原因なんでしょうかね?


 ソフトの最後のしめのイベント,バーベキューは火曜日に予定されていますのでみんなで盛り上がってみんなで片付けやりましょう!


 最後に,3か月間も忙しいみんなをまとめてソフト7連へ導いてくれた上杉君,本当にお疲れ様でした!

就活と研究で忙しいとは思いますが,来年も頼みます!!!


戻る