◆2016.07.18 十津川村にツーリングに行きました!【平尾研バイク部】◆

時は7月,季節は夏. 皆さんこんにちは. 今年のバイク部部長,M2白岩です.


近畿地方も梅雨明けが発表された18日の海の日に平尾研バイク部でツーリングに行ってまいりました! これが本年度のバイク部の初ツーリングであります. ツーリングに漕ぎ着けるまでの紆余曲折を今年のメンバーと共に紹介します.

M2 白岩裕一郎/愛車 D-トラッカー
部長.なんとなくの繰り上がりです.最軽量のバイクに最重量のライダーという優しくない仕様.

M2 岩田有弘/愛車 VTR250
一応バイク歴的には長老ポジション.バイクへの愛が薄いのではないかという疑惑がある.

M1 坪井誠也/愛車 ZZR250 NEW
免許とるとる詐欺→バイク買う買う詐欺を経て真っ赤なツアラーをようやく購入.
ぶっちゃけ坪井がバイク買うのを待ってたからこんな時期まで初ツーリングできなかった説が有力.

B4 岩城壮亮/愛車 CBR250R NEW
バイク部の話を聞いて3月にバイクを買い平尾研に入った有望株.
持ち前の天然っぷりを惜しみなく披露しようとするエンターテイナー.

B4 赤井将/愛車 BROS(父親と共用) NEW
祖父が昔買ったバイクを父親と共有するバイク乗りのサラブレッド.
2日前に父親が颯爽とバイクで出掛けたため今回はお留守番.

4月に新しく3人入ってくれたのですが,岩城君は初心者で坪井君&赤井君はバイクを持っていない状態. 加えてM2勢は就活もあったので,この時期になってやっとツーリングができました. ちなみに一昨年卒業された筒井さんも最近バイクを購入されたようです. 機会があれば是非一緒に走りに行きたいですね!

さて,前置きが長くなりましたが今回のツーリング先は奈良県十津川村! 山と谷が織り成す絶景が見どころです. 私も山と谷には目がなく・・・どうでもいいですね. 「日本一の吊橋がどないなものか見たい」という坪井君の一言で決定しました.
朝の9時に学校近くのコンビニに集合しましたがこの時から素晴らしい快晴! 中環から近畿道の下の道で南を目指します. この日は最高気温は36℃で都市部はめちゃくちゃ暑かったです. 信号で停まる度に嫌気がさす程で,始めはちょっと後悔していました(笑) しかし藤井寺付近を過ぎ山間部に入ると一気に涼しくなり超快適. ああ気持ちいい! ツーリング最高!!


五條市から十津川村に抜ける山道の途中で素晴らしい景色があったので一度止まって撮影会. 岩田くんが持参の良いカメラで撮ってくれました. 集合写真も撮りたかったので道路脇の斜面にカメラを置くために運動神経に自信のある岩城君がダッシュで登ろうと・・・ズザー・・・ 砂利で滑って一歩踏み出すことすら叶いませんでした. しかもカーゴパンツ(お気に入り)にダメージ加工が.


ただよう哀愁.ホンマに運動神経あるんかこいつ・・・・
結局岩田君が裏手から登って撮ってくれました.



その後も快調にバイクを飛ばします.

国道168号を南下する道はずっと川沿いをはしっており,エメラルドグリーンの水面と真っ白な河原の対比が美しかったです. ただし急に道幅が狭くなったり,ガードレールが消し込まれていたりとスリリングな道でもありました. なお谷は深い模様.
なんやかんやで吊り橋付近に到着. 昼過ぎでしたので先にお昼を食べることに. 幸運にもすぐ近くに蕎麦屋があったので早速入店. 案内されたのは川に面したテラス席. さわやかな風が吹き,風流という言葉がしっくり来ます. 私はとろろそば定食をいただきました.


暑い日に冷たい蕎麦は格別でした!ビールが飲めないのが残念・・・!残念至極・・・!

一息ついたら次はお待ちかねの『谷瀬の吊り橋』. この吊り橋は長さ297m,高さ54m! 駐輪場でバイクを降りる前からお金を要求してくるおばちゃんに100円を払い,売店でアイスを購入. 自販機のアイスだったのですが,岩田君が入れようとした小銭だけなぜか戻ってきます. この自販機は岩田に食べさせたくないねん,とか冗談を飛ばしていたら本当にボタン押してもアイスが出てこない. 150円が吸い込まれた岩田くんは堪らず店員にヘルプを求め,2回目でやっとアイスを買うことができました. ちなみに岩田君以外はちゃんと一度で買えています. こういうのを見ていると私は(ああ,岩田だなぁ・・・)としみじみ感じます. そんなトラブルもありましたが一行は吊り橋へ. 吊り橋もかなり楽しみにしていた私ですが,実物を見て愕然.


フローリングのように継がれた木の板の下には何もありません.
板の隙間からくっきりと谷底の様子が見て取れます. そして足を踏み出せばたわむ&軋む! これは安全率いくつくらいで設計されているのか!? そんなことを考えながら揺れる吊り橋を奇声をあげつつ渡る筆者. ごめんなさい,他の人の様子とか一切覚えていません. 足元ばっかり見ていたので景色もなんか綺麗だったことしか覚えてません. 緊張でおかしくなったテンションで写真だけ撮っておきました.


吊り橋を往復して変な汗をかいた一行は,第二の目的,温泉へと移動します. この十津川村にはいくつも温泉があるのですが,今回我々が行ったのは『湯泉地温泉 滝の湯』.


硫黄くさい温泉と大自然が楽しめるスポットとして人気だそうです. 確かに到着してヘルメットを脱いだ時からプンプンしてきます. 何はともあれとりあえず入浴. 脱衣所から洗い場に入るととても強烈な匂いが立ち込めていました. 内湯もそこそこに70段ほど階段を下ってお目当ての露天へ. 大自然が堪能できるという文句通り,森のなかに湯船があるような露天でした. 横には川が流れておりとても気持ちいいのですが気になる点が1つ.

虫,多いわ!!

そこかしこに小さい虫や虻やらが飛んでいます. 岩田君は頭の周りを黄色い虫ががくるくる回るものだから混乱状態みたいになっていました. まぁ大自然っていうのはこういうものも内包していますからね. 綺麗なものだけじゃないのよ.

さて,風呂から上がればもう夕方. 暗い山道は危険なので,足早に帰路につきます. なんとか日のある内に五條市まで抜けることができ,ゆるゆると幹線道路を北上して豊中へ帰ってきました.
解散前にお決まりのはなみちラーメンに行きました.


ちょっとブレてますけどみんな疲れてるのが伝わってきます(笑) ということで今回のツーリングはここまでです. 次回は赤井君も一緒に行けるといいですね.


後日談,というか今回のオチ. お気づきの方もいるかもしれませんが岩城くんだけ終始半袖でツーリングをしていました. その結果を以下の図に示します.


それではまたお会いしましょう. M2白岩でした!



戻る