◆2012.09.11〜13 第73回秋季応用物理学会学術講演会に参加しました(後半)◆

さて,前半組と入れ替わりに応物後半組も出発です.
メンバーはM2福島さん,M1前原君,M1釣本の3名です.
去年も学会に出ている福島さんからはどこか余裕が感じられますが,今回が初学会のM1二人はそれなりに緊張しています.
学会前の練習で,荻先生にお墨付きをもらい自信をつけてさあ出発です.
ちなみに飛行機や宿の手配は全て前原君がやってくれました.感謝!

「空港に18:30に集合」と決めたものの,万が一遅れてはいけないと30分前に到着した釣本,早く着きすぎたので2階から集合場所を眺めます.集合時刻10分前になっても誰も来ていないので,集合場所間違えたかも…と不安になってきたところに前原君が到着.聞けば彼も30分前入りしてご飯を食べていたらしいです.二人で待つこと10分,福島さん来ないぞ!?と焦りだしたころに数分遅れで福島さんの到着です.やはり余裕が違います.
それぞれの恰好も,
福島さん-スーツ姿に小さなカバン,
前原君-ラフな服装で帽子とスーツケース
釣本-ラフな服装にスーツケースに大きなリュック
と,学会慣れの差がうかがえます.M1は二人とも練習用にノートパソコンを持参していました.



チケットを配り「席は最前列なので足伸ばせますよー」と前原君.ウキウキで飛行機に乗ってみると,席は全然違う中央部.「おかしいな,予約画面で見たときは…」とは前原談

松山に着いたときにはもうあたりは真っ暗.さあ明日に備えてホテルで休もうという時に,かかってきた電話はなんと,楠本先輩と中島先輩,そして中村先生による飲みのお誘い!
これは行くしかないと,ホテルに荷物を置いて路面電車に乗り込みます.
着いた先では初めて会う大先輩と,社会人となって雰囲気が変わるかな?と思えばそれほど変わっていない楠本先輩,そしてすでに少し酔っている中村先生が待っていました.
飲みの場では,美味しいお刺身と一緒に,学会についてのアドバイスや,今後の人生における貴重なアドバイスをいただきました.

ホテルに戻ったころには時計の針は1時を指していました.ちなみにホテルの部屋は本当にここに一人で泊まっていいの?というほどに広くて豪華でした.(しかも格安!)
とりあえず敷いてある布団の上をゴロゴロ.
ここから各自の夜は更けていきました.寝坊の恐怖から一睡もせず練習を続けた釣本と,よく寝られた福島さん,前原君はその中間くらい.

翌朝,ネクタイの結び方のわからない前原君に,自分だって自信のない結び方を伝える釣本の姿が…

宿の朝食はとても豪華で,朝は軽く食べる派のM1は喉を通らない
ゆっくり時間をかけて完食!

いよいよ学会に出発です.泊まった宿は道後温泉のすぐ近くだったのですが,誰も温泉には入れなかった模様.残念!

さあ会場に着いたところでまずは受付です.
少し早く着きすぎたので,校門に戻り記念撮影!








福島さんと釣本は同じ会場だったのですが,前原君の会場はキャンパスが違うのでここでお別れ.

まずは偶然に同時刻の発表となったM1二人の発表です.
前原君は力を出し切ったと満足げ.質疑応答もほぼ完璧にこなせたそうです.
釣本は序盤こそマイクとマウス,ポインタの同時操作に戸惑ったものの,途中からは緊張も吹っ切れてなんとか無事終えることができました.
そして,福島さんの発表はさすがの一言.堂々とした発表で,次々とぶつけられる質問にも一つ一つ的確に答えていました.

発表も終わり緊張から解放された3人.
しかし観光する暇はなく,すぐに空港に向かいます.
空港でちょっとだけ休憩.せっかく来たのだからと昼食に鯛めしを注文する福島さん,ご感想は…

トンボがえりとなった今回の学会発表,最後に一つ良いことがありました.帰りの飛行機がプロペラ機だったのです.3人とも初めてのプロペラ機でテンションが上がります.
うわ,狭い!落ちないかな,などと勝手なことを言いつつ乗り込み,快適な空の旅(ほとんど熟睡)で帰ってきました.

こうして後半組の学会発表も終わりました.



(釣本) 戻る