◆2015.02.17,20 平成26年度修士論文公聴会,卒業論文発表会が行われました!◆

 年が明け,「行く(1月),逃げる(2月),去る(3月)」と言われるようにあっという間に2月16日がやってきました.
そう,この日は修士論文公聴会が行われました.M2の方々が大学院生活2年間の研究成果を発表する最後の舞台です.
15分の発表と質疑応答5分のプレゼンテーションに全てを詰め込んだ「集大成」を見ることができる機会であり,
お世話になった先輩方の発表を見るということで平尾研では全員が先輩の発表を見に行きます.



発表前に入念にチェックを繰り返す人もいれば,

筋トレをして精神を研ぎ澄ます人もいたりなかなかキャラクターに富んでいるのも平尾研の特徴の一つをいったところでしょうか.


今年度は平尾研から6人が発表します.
平尾研トップバッターは中島くんです.題名は「キャビテーション気泡に着目したアミロイドβペプチドの超音波誘起凝集反応の音圧依存性に関する研究」です.\\堂々の佇まいでした!



次に深澤さん,「ピコ秒超音波法を用いた負の熱膨張を示すZrW2O8の異常弾性に関する研究」


続いてUSEで奨励賞を受賞した濱田さん「全反射蛍光顕微鏡QCMによるAβペプチドの凝集及び分解過程のモニタリング」


増田さん「周期構造を有するナノ構造物における表面波共振と分散関係に関する研究」


亮さん 「Co/Cu多層膜の面外弾性率と巨大磁気抵抗効果に関する研究」


筒井さん「非接触超音波共振法による高低音におけるGaNの弾性定数の計測及びキャリアダイナミクスの研究」


吉村さん 「無電極水晶振動子を利用した連続膜形成モニタリング技術の開発」


どの先輩も完成度の高い発表で我々M1,B4の学生は先輩方の背中を見てこれからも精進していこうと感じたはずです.

全員発表が終わった後に研究室にて記念撮影をしました.どこかしら表情にゆとりが見られます.




こうして写真を撮っているだけでも先輩が出て行くと想像すると寂しい物がありました.


研究室生活,プライベートでも親しみやすく接してくださった先輩方に「お疲れ様でした.ありがとうございました.」
という気持ちでいっぱいです!
社会人になってさらに大きくなった姿を期待しています.

以上,修論発表会レポートでした.

2月20日はB4の卒論発表会でした.
修論発表会とは異なり,教員以外は立入禁止となっておりますので,我々M1,M2はニコニコしながら待つことしかできません!

来た時にはすでに終わっている発表者もいました.徹夜で発表練習をしたせいか白目を向いて寝ている人もいたり・・・あふれる元気で待機する人もいます!



様子は教員の方々,本人たちしかわかりませんので・・・ 今年の平尾研B4の発表は非常にクオリティが高く,荻先生も中村先生も「すごいよかった!」と言うほどでした!
できるだけ様子を伝えるために感想をいただきました.
意外とあっさり終わりました. この1年で最も短い10分でした 白岩

めっちゃ緊張したけど終わってみたらスッキリしました 青木


爆睡 滝下


爆睡 岩田

普通 岩本

足立 先に帰宅


山田 こんな感じ



発表が終わった学生にアドバイスをする荻先生,中村先生.


今後の研究生活の糧になるよう元気づけてくださる先生方に感謝する瞬間だと思います.

さて,来年はどのような新入生が来てくれるのかたのしみになってきました.



戻る