◆2013.05.01〜06 ICU2013に参加しました!◆

 2013年5月2日から5月5日にかけてシンガポール共和国にてInternational Congress on Ultrasonics 2013が開催されました.まぁ,シンガポールや外国にはそんなもの存在しないのでしょうから言ってもしょうがないんですが,なんでGWとぴったり予定をかぶせちゃうの!?飛行機・宿をとるのも一苦労で,もうやってられません(笑)

 とか文句を言いながらも学会自体はとても楽しみ♪というのもこの学会自体は2007年に始まり今回で4回目と歴史が浅いのですが,もともと1960年代にイギリスで始まった超音波の学会(the Ultrasound International)と1990年代にドイツで始まった超音波の学会(the World Congress on Ultrasonics)を融合した学会で,世界最高の超音波専門学会なのです!!!
 特にピコ秒超音波法のような音響物理学の分野で世界中から最先端の研究者が集う学会はこの学会か3年に1度開かれるPHONONS conferenceという学会ぐらいしかなく(?),ハイレベルなディスカッションを行うのにのにはまさにもってこいの学会というわけですね♪ピコ秒を研究している著名な研究者も数多く参加者に名を連ね,もうプログラムを見ただけで興奮ものの学会です(笑)


 この学会に平尾研からはD2長久保・D3ヌルマ・Dr加藤・Prof.荻の4名が参加.まさに最近の平尾研ドクター陣がそろい踏みといった様相で平尾研も本気モードです!
 ・・・と思ったら?年度の変わり目ということもあり学会前は各自それぞれ大忙しで発表練習をする姿は0(笑)
 大丈夫かなぁ???

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜出発・出国・いざ出陣〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 5月1日,晩春.天候は晴れ.日本はすごしやすくいい感じ♪
 GW中ということもあり早目に関空へ集合した4人.一応まだ学生の私とヌルマは8時過ぎには到着し,加藤さんも8時25分ごろには来られ,残る一人は荻先生.まぁ遅刻する心配とかは誰もしちゃいないんですけれど,現れるの遅いなぁ〜?とか思っていたところに登場した荻先生はほぼいつも通りの超軽装.あれ?

  「みんななんでそんなに荷物デカイん?(笑)」
とか先生にツッコまれますが,いや,それにしてもいくらなんでも荻先生の荷物が少なすぎる.PC等用のいつものカバンとユニクロのビニール袋だけって一体?あれ?ユニクロ???(笑)

 気になって事情をお伺いしてみると,
  「僕の荷物はJR東海道線の中(笑)」
という新手のボケが返ってきたかと思ったら,何とほんとにキャリーケースをJR乗換の際に網棚の上にロストしちゃったそうです(笑)えぇっ!?!?!?そして急いで関空についてから必要最低限の服だけユニクロで仕入れてきたんだとか(笑)

  「しまった・・・Macの充電プラグをあっちにいれてしまったのが失敗や」
とか,後悔する点がピンポイントすぎる(笑)まぁそんなこんなで,シンガポール出張が始まりました.ちなみに置き忘れによるロストには海外旅行保険が適応できないらしいので皆様ご注意を(笑)
 そんな理路整然と文句を言いながらユニクロの株を買おうか悩みだした方を詠んでここで一句.

〜 ユニクロの ありがたさ知る クレーマー〜
Thank you!


 さて,6時間のフライトと1時間の時差を乗り越え到着したシンガポールの天候は高温多湿のいやぁ〜な感じ.飛行機の移動自体は何ら苦でもなかったのですがこのアジアの暑さはどうにも辛い限りです.

 オフラインのGoogleマップ+GPSというハイテク機器を使いこなして無事ホテルへ到着すると,初日は食事も済ませてもう早めに解散♪明日からの学会に備えて各自最後の仕上げが始まりました.一人だけMacのバッテリー残量を気にしながら(笑)

〜完〜

・・・いや,まだ始まってすらいないんですけれど.  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜初日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 そして翌日.5月2日.日本で見たシンガポールの天気予報は雨.でも実際は晴れ♪
 ホテルから会場までは川沿いを10分ほどの距離.南国の風を感じながらとぼとぼと歩いていけばすぐつけました♪しかし道に迷いながら10分歩いただけでもう汗だく・・・.街並みはきれいで何ともいい感じなんですけどね♪

ホテルの様子の一部.赤い花と青い水が南国の情緒を漂わせています♪


その綺麗な街並み♪でも私は冬季・雪国の方がすきなんですけれどねぇ・・・


集合写真.「こんな南国でスーツを着るとか馬鹿じゃないの?」とか思いながら立ってる青年がこの中に一人います.


ちなみにホテルの看板.きれいなホテルですよ〜♪


 さて,学会の方は冒頭でも解説した通りかなりハイレベルな感じです.ピコ秒超音波の特別セッションでは磁性材料の相変態などに関する非常に面白い発表をはじめ,ナノワイヤ・フォトニック結晶に関する応用や,バイオマテリアルへの応用計測などが数多く発表されました.また論文でよく名前は見かける有名人のご発表も生で拝聴することができ,こんなに刺激的な学会は初めてでした♪

学会ランチの様子.多様な民族・文化性に合わせたベジタリアンのコーナーがここに.


こちらはデザートビュッフェの様子.長〜い列が前後左右に広がっています.いや,左右にはないです.すみません.


昼食を召し上がる荻先生と加藤さん.さて,デザートを完全制覇したのはどちらでしょう?


ちなみにこちらは3時のコーヒーブレイク時の様子♪このタルトは相当のハイクオリティーでした!Thank you!


ちなみにこちらも3時のコーヒーブレイク時の様子♪この春巻きの写真も相当のハイクオリティーです!Thank you!


 平尾研からは荻先生とヌルマとこの私(その名を長久保白と言う)が本日発表を行いました♪
 荻先生のセッション,座長はかの有名なProf. O. Wright!荻先生がバッテリーの少ないMacを接続している間に親愛の情が込められたご紹介もあったのですが,当の本人は接続するのに必死でまるで聞いていなかったとか(笑)
 発表終了後も他の講演者の質疑応答に際して,他にたくさんの人が挙手をするのを横目に手も挙げていない荻先生に「お前,質問あるんちゃうん?(笑)」的な無茶振りをされるなど友好的なセッション(?)でした♪

 ヌルマの発表は私の2件前で別の部屋.残念ながら私は聞きに行けませんでしたが立ち見客も現れるほどの大盛況ぶりだったようです♪さすが,本当に新しいことを研究している本格的な発表は違いますね!

 そして最後にこの私♪
 今回はマウスの酷使量をさらに上げて「これでもうPC本体は一切触らなくても完璧や♪(笑)」とかめっちゃ準備万端の状態で挑んだつもりがおぉっとなんとレーザーポインターの使い方が分からないというトラブル発生ぃ〜!!!(笑)「戻る・進む」ボタン的なやつも備えたやつを貸し出して頂いたんですが,ワイヤレスレシーバーも勝手にさして下さったのですが,別にそんなにいいからレーザーの照射だけさせてくれ(笑)ボタンが多すぎて結局使い方は最後までわからず,私は途中から急激なテンションダウン(笑)そんなこんなでグリーンレーザーは1度も照射されることなく発表終了.
 有名な材料と様々な計測法を組み合わせた研究に興味を持っていただけたようで,計測法・材料のことに関して多くの質問を頂けました♪う〜む・・・.的確にこたえるにはまだまだ至らず,言葉足らずの点が多く申し訳ない限りでした.

夕食は川沿いの帰り道で見かけたお店にふらっと吸い込まれていきました♪発表お疲れ様です♪

〜完食〜

・・・はい,完食しました.
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜二日目の5月2日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 さて,二日目は我らが加藤さんの発表日です♪加藤さんは最後の追い込み+極度の緊張のため結局3時間しか寝てないそうです!
 それもそのはず.我々の発表の部屋はまぁ椅子が30〜40脚しかない程度のキャパの部屋でしたが,加藤さんのセッションだけはキーノート(学会全体としてのinvited talk)と同じ規模!なんと3部屋間の仕切りを取っ払って,プロジェクターも3つ使って,何ともすごい規模のセッションとなりました!!!

 実際のご発表の方は淡々と落ち着いて,非常に中身の濃い発表で質疑応答も充実した内容でした.加藤さんはこれが初の海外オーラル発表だそうで,本当にご苦労様でした♪

ちなみにその加藤さんご発表直前の10時のコーヒーブレイクの様子.常においしいおつまみが顔を変えて登場します♪


ちなみにその加藤さんご発表直前の10時のコーヒーブレイクの様子.常においしいおつまみが綺麗に撮られます♪



 さて,学会の方は本日も超ハイレベルなピコ秒の特別セッションが盛り上がりました♪SiO2の減衰,Brillouin振動の屈折率,ナノワイヤ,横波など,本当に目指している方向は近いのだなぁという最新の研究動向と,この次のブレイクスルーをいかにもたらすか?という大きなテーマについて深く考えさせられました.ディスカッションも本当にハイレベルで英語が分からないとかそれ以前のレベルでもうまるでついていけない(笑)

ちなみに3時のコーヒーブレイク時のきれいな写真はまぁもうこれで最後に(笑)



 そして夜は学会主催のバンケットに出席.同系列の?別のホテルへ移動し,10人分ぐらいの積が用意されている円卓を囲んで晩餐会スタート♪ベジタリアンは専用の円卓が用意されていたので我々はヌルマだけ別席となりました.結局,我々と相席をしたの以下の6名♪

 まず最初に現れたのがピコ秒で割と古くから有名なあのDr. Devos!
 続いて増田君が大好きなProf. Everyの論文のFirst AuthorであるA. Maznev!
 一緒に来られたのは本日,“SASER”についてキーノートトークをして下さったDr. Glavin!
 Prof. Ogiとお知り合いでLaser-RUSの研究で有名な?Dr. Hurly!!
 台湾でピコ秒/ナノワイヤの研究をされているDr.Devos先生の知り合い?のDr. Mante!
 そして最後に来られたのは東北大にてSecond Soundの研究をされていたProf. Koreeda!


 なんやかんやでこのテーブル,そうそうたるメンツとなりました(笑)さすが国際学会・・・!!!実は私,昨日から是枝先生のことを会場でずっと探していたんです.というのも,私が以前STOの研究をしてる時に低温異常性の原因の一つとしてSecond Soundという熱の波動輸送現象にたどり着いたのですが,それに関する論文で大いにお世話になったのがこの是枝先生の論文!.まさかこの学会でお会いできるとは到底思っていもいなかったのですが,それがなんと偶然にも晩餐会で同じ円卓を過去こむことになるとは・・・.ありがたいこともあるものです♪
 さてバンケットの方は序盤は無尽蔵にワインが提供され続けて「完全につぶす気か?」と完全に疑いながらおいしい食事に舌鼓を打っていたのですが,なんとワインが切れた後はアルコール類が10ドル/1グラスという破格のチャージ制(笑)私はDr. Devosの隣に座っていようがノンアルコールで最初っから楽しく貫き通していたので問題ないんですけれど(笑)割と多くの参加者がチャージ制に耐えかねて早々に退席していったとかしていないとか.

Dr. Devos(左)とProf. Ogi(右)に囲まれる私(中).ワイングラスの中身は白ワインではなくSpriteです(笑)


 そんなこんなで国際学会は本当にいい体験になりますね♪やっぱり,こういう場に来て心底思ったことは,Dr. Devosの隣に座って心底感じましたことは,たかが英語程度喋れないとなぁ・・・という思い.まぁもちろんそれ以前に会話をしてもらえるだけの価値がある人間にならないと本当に全く一切何の価値もないんですけれど(笑)今後も精進に励みます!

帰り道で出会ったシンガポールリバーの夜景♪

〜乾杯〜

・・・確かに今日は乾杯もしました.
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今日から日本はGW〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 3日目.日本は憲法記念日です.今日から日本はGW後半戦です.
 でもシンガポールはただの金曜日です.そう,ただの金曜日なんです.
 しかし我々は4人ともすでに発表を終えもう気楽な解放状態♪誰一人プレッシャーを感じることなく学会に参加できました♪この解放感はいいですね.ほかの発表を集中して聞けますからね♪

 さて,学会の方はピコ秒超音波法の特別セッションは昨日で終了しましたが,今日はレーザー超音波法というくくりのセッションで,ピコ秒超音波法を用いた表面波の観測をしたProf. Wrightの発表や北大の学生さんの発表のほか,昨日の晩餐会で相席したDr. HurleyによるLaser-RUS,Prof. KoreedaによるSTOのSecond Soundに関する発表などがあり,興味深い発表が目白押しでした♪
 発表後も是枝先生と1時間ほどSecond Soundについて討論をさせて頂いたり,昼食時にはデザートビュッフェの列にてDr. Deovsと昨日のバンケットについていろいろ談笑させて頂いたり,今日も充実した1日となりました♪
 ちなみに昼食・コーヒーブレイク時のメニューはまたまたチェンジ!!!


 4日目の最終日はもう学会は午前中で終了し,昼にはClosing Ceremonyを迎え,収穫の多い学会が終了いたしました.学会は残念ながら午前中で終了してしまいましたが,空いた時間を有効活用して午後はなんと遠路はるばるインドネシアからヌルマの妹君が日本を経由してシンガポールまでやってきてくれました!
 シンガポールにはだいぶ詳しいらしく,お勧めの場所などを案内してくれることになったのですが・・・私は連日の無理がたかってあまりの眠さのためホテルでダウン(笑)わざわざ来て頂いたのに本当に申し訳ございません.待ち合わせ場所と時間を決めて,夕食だけご一緒させていただくことにしました♪

 私がホテルで全力の昼寝で体力を急激に回復している一方,ヌルマ御一行はインドネシア地区???的な場所まで行き,東南アジアの空気を堪能していたそうです♪シンガポールの観光地はどこも物価がだいぶ割高に設定されているように感じたのですが,そのあたり一帯は割と物価も安く,お土産・観光にはもってこいの場所だったそうです.
 南国ならではの「ココナッツミルク」もわずかたったの2$程度で,コンビニの水よりも安い感じ!シンガポールは水道水も飲めるらしいんですけれど,この物価設定は一体どうなってるんですかね?(笑)

モスクをバックにインドネシアの風を漂わす街並み.


ココナッツミルクを味わう加藤さんってなんかデカッ!?♪注文して最初こいつを見た時は一同大爆笑だったとか(笑)
どんだけヘビーな飲み物かと思ったらポカリのようで飲みやすかったらしいです♪



 そして夜は私も合流して夕食へ♪・・・向かうはずが,あれ?誰も来ない???
 う〜む・・・.時間はあっている.時差も考慮済み.場所もあってる.自信もある.

 はっはぁ〜ん・・・♪なるほど!ついに,嫌われたな?(笑)

 とか思ったり思わなかったり思わなかったりしながら,待ち合わせ時刻を過ぎたのでレストランの方へ行ってみることに.するとこちらの場所も割と自信があるのに全く見当たらない(笑)入ったホテルの受付で東南アジア系と思しき美女に英語で話しかけたら極めて流暢な日本語で返事をされ,「あっ日本人か」と安心して久しぶりに日本語を使って喋っているその時,ふとネームプレートに目を当てるとどう見たって名前が現地人(笑)もう何が何だかワケワカメ(笑)あぁ,4月30日にOBの先輩方におごって頂いたワカメはおいしかったなぁ〜・・・と,あのワカメが走馬灯のように脳内を駆け巡ります.・・・何の話してんだお前?(笑)

結局あきらめ一人で入ったカレーカフェというお店の本格派カレー♪コリアンダーの風味がきいてておいしかったですよ〜♪


併せて頂いたパフェ的なもの.しかし下部の物質の正体は最後まで不明のまま店を出てしまいました.



 結局,実は先生方御一行が待ち合わせの時間に少し間に合わず,予定していたレストランもなんとつぶれてしまっていたそうで,向こうは向こうで私のことをだいぶ待ってだいぶ探してくださったそうです.ご迷惑おかけしてしまい申し訳ございません.どうやら私,嫌われた訳ではなかったようです(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜学会を終えて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 まぁそんなこんなでICU2013は無事終了いたしました.私にとっては今まで参加してきた学会の中で断トツに勉強になった学会でした.それだけに己の未熟さを痛感するところも多く,研究者として深く考えさせられました.グローバル社会と呼ばれる今後の21世紀においてこのような世界中の研究者・科学者を相手どって勝負をする.それは学問・産業の分野を問わず通底することだと思いますが,そのためには何が自分に必要か考えながらまた日々の生活を全力で過ごしたいと思います.

お別れにチャンギ国際空港で南国の雰囲気を演出する様子をどうぞ.



〜完結〜
戻る