◆2015.05.10〜15 ICU2015に参加しました!◆

 2015年5月10日よりFranceのMeztにてInternational Congress on Ultrasonics (ICU)2015が開催されました!今回満を持して平尾研よりこの学会に参加するのはついに特任助教になった長久保白(私)!


あーんど准教授の荻先生(じぇんとるまん♪)


の二人です♪

 ICUは2007年に始まり今回で5回目と歴史が浅いのですが、もともと1960年代にイギリスで始まった超音波の学会(the Ultrasound International)と1990年代にドイツで始まった超音波の学会(the World Congress on Ultrasonics)を融合した学会で、世界最高の超音波専門学会です!!!前回大会は2013年にシンガポールで開催され、その時は私もD2の学生として参加したので私にとっては2回目の参加です。ちなみにこの学会の紹介文章は前回大会の時に私が書いた文章をそのまま引用したものなのでぶっちゃけ最近流行の自己盗作に当たりますが、まぁばれてないので大丈夫。(笑)2年前は学会参加者に名を連ねるピコ秒の研究者に名前を見ただけで興奮したものですが、2年たった今や「あぁ、あの人ね♪」という謎の余裕が生まれております(笑)

 5月10日。今日はA.Sax→B.Saxの後輩のお誕生日〜♪出発前にお祝いメールを送ったらちゃんと出国前にお返事を下さったのでなんだか私はとてもうれしい気持ちでフランスへ旅立てそうです♪たぶん、2013年の9月以降会ってないんじゃないかなぁ?・・・割と最近会った方やな(笑)
 移動はまず関空からAIRFRANCEにてパリへ直行。9時半待ち合わせで今回は荷物をロストすることもなく無事合流できました(詳細は前回記事参照 笑)。出国前に免税品店で各自必要物を購入してから出発ロビーで1時間のんびりタイム♪ボーっと写真を撮ってたりしてたんですけど・・・ふとモニターに目をやると・・・ジッ、ジバニャーン!!!妖怪ウォッチ初めて見た(笑)初めて見たからいろいろわからないことは沢山あるけどこれだけは常識のない私でもはっきりとわかる。ジバニャンは、かわいい♪(笑)

3年Y組ニャンパチ先生(笑)よくわかんないけどマジかわいい(笑)


 さて、そんなジバニャンに気をとられていたら搭乗開始のアナウンスを完全に聞き損ねてしまいましたがとにかく機内へ(笑)そしたらいつも我々は通路側の席をとってもらうのですが、なんか私の席がEFGHのG席であれ?これ内側じゃん(笑)まぁ・・・12時間ちょいのフライトだし黙って耐えるかぁ〜って思っていたら、どうやら荻先生の席(私の5列前)の隣は空いていたそうで「隣くる?」というジェントルマンの優しさがボーイング777内で炸裂!!!おっ、荻さぁーん!!!いや、エコノミークラスにおいて隣の席が空いているというのは精神的・空間的ストレスが大幅に緩和されるため願ってもないラッキーパンチなのです。パンチ?とにかくこんな恵まれたラッキーな状況を私のような雑魚キャラが奪ってしまっては一体何本論文を書けば恩返しできるのだろう???と言うほどのあれでまぁ、いえ、私のことは気にせずゆっくりと機内をお楽しみください。私はまだまだ若いので大人しく寝ときます。というわけで機内で耐える覚悟をくくった私。

 ・・・すると機内がそこそこ空いていたみたいで、何と隣の人が窓側2席とも空いてた席へ移動され、あれ?これ、結果的に俺も荻先生と同じラッキーパンチ炸裂状態じゃん(笑)勝手に変わるのも何なので「Can I change a seat?」って言って隣の席へ移動しようと思ったらなんとまだ更に窓際2席とも空いてるところがあったのでそっちへ行けることに(笑)あれ?やったぁー(笑)なんかようわからんけど今までのエコノミークラスの中で最も快適な席をゲットできました♪あぁエールフランスよ・・・。あなたはなんていい人なんだ。この今の気持ちをなんと言い表せばいいのか分からないが一言でいいからフランス語でお礼を言わせてくれ、さぁ、Bonjour♪(笑)

そんなこんなでゲットした窓際の席で獲得した景色♪D800Eがロシア上空で火を噴くぜ!!!


機内食。何故か「和食」メニューにのみチョコレートケーキが登場するのを見た瞬間、私の答えは決まりました。


 なんだかんだで無事、関空→(by 飛行機)→シャルルドゴール空港→(by RER)→パリ北駅→(by walk♪)→パリ東駅→(by TVG)→メッスと目的地まで何のトラブルもなく到着できました♪さあ明日から学会です!頑張っていきましょう♪


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(その日の晩のこと)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ホテルは安くて近くていい場所だったんですけど、先生と二人一部屋で過ごすにはそこそこ狭かったんですね。まぁそれ自体は何の問題もないんですけれど(笑)荻先生同じ部屋に泊まるのは実は初めてで、まぁそこ自体も何の問題もないんですけれど(笑)んで二人とも約20時間にわたる移動で結構疲れてましてその日の夜はシャワーを浴びたらお互いすぐに熟睡。ただ、時差ボケと疲れで寝言が多く、私も寝ぼけてたためはっきりとは覚えてませんが、寝てたら突然荻先生から
   荻先生:「今年はどんなB4入ってくるかなぁ〜?」
って聞かれて、その一言聞いて寝ぼけたままとっさに意識半分で
   長久保:「そうですねぇ〜。元気なB4入ってくるといいですねぇ〜」
って寝言で超てきと〜に相槌打ってる自分の声聞いて目が少し覚めたのを翌朝思い出して今これ書きながら私は一人でずーっと笑ってます(笑)いや、B4もう入ってきてるし寝言どうしで何会話してんの(笑)

 ちなみに荻先生にはこの話をまだしていないのできっとHPの記事を見て知るはずです(笑)では、おやすみなさい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜あたぁ〜らしぃ〜いぃ〜あーっさが来た!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 おはようございます。5月11日。今日は我らが戸田牧子さんのお誕生日ですーっ!おめでとうございますっ♪私は仕事のメールにかこつけてちゃんとお祝いしたんですけれど、日本にいる蟻田はちゃんとお誕生日大作戦を実行したんですかね?最近、蟻田のことがすげぇ気になって自分の出張どころじゃないんですけれど、とりあえず4/30締め切りだったNDNCのパワポはよ。(笑)

 この日は時差ボケを感じながらも結局22時就寝/5時起床という超健康的な生活(笑)初日ということもあり、朝6時過ぎにホテルを出発してのんびり会場へ向かいました♪ちなみにレジストは7時からです。
 そしてやっぱり学会会場にはよゆーですぐにたどり着き、目の前の公園で30分以上待つことになりました(笑)7時になったので行ってみるとまだ鍵が閉まってる!?ちなみにレジストは7時からです。日本人なめんなよ!?ジェスチャーで「tow minutes!」って言われながら結局1番ノリでレジスト完了♪

朝焼けに燃える学会会場とその周辺。


朝6時半から屋外で発表練習に取り組む荻先生(もはや万全)と、次はモデルの練習に励む長久保君(下手くそ)。


 そしてオープニングセレモニーや休憩やキーノートや昼食やキーノートやポスターセッションではLanda博士, Gusev先生, Wirhgt先生, Devos博士などと会話を交わしつつ、荻先生のご発表へ♪時差ボケで相当辛そうにされながらも発表はもちろん圧巻の内容でした♪これで荻先生のメインのお仕事終了(笑)Metzに到着してまだ20時間もたっていません(笑)
 この日はWelcome Reseptionが開催され、狭いホール内で何種類にも上るチーズ自慢を堪能しながら研究者との交流を楽しみました。多分K. Nakajimaがあのチーズ見たら発狂してます(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜そしてまた陽が昇る〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 5月12日。今日は私の中学時代の吹奏楽部の先生のお誕生日です〜♪このネタ、まだまだ続きますよ(笑)そして今日は私の発表日です♪
 朝は朝食をゲットするためにその辺を散歩してみることに。すると見事なフランスパンを要するいい感じのお店を見かけたのでふら〜っと立ち寄りサンドウィッチを注文♪サンドウィッチマンは注文してません。ただこれが基本的にフランス語で話しかけられてコミュニケーションがさっぱりとれない(笑)トマトと、レタスと、マッシュ?って何???マッシュルーム?それはほしいなぁ〜♪って思いながらとりあえず「It's OK(笑)」みたいによく分からないまま注文したらトマトとレタスとチーズの入った素敵なサンドウィッチが出てきました♪マッシュルームどこ行った(笑)えぇ、大変おいしかったです♪

その噂のパン屋さん。左はきっとクロワッサンです。右はやっとの思いでゲットしたサンドウィッチです。


 朝8時半からのキーノートを聞き、ポスターセッションに軽く参加し、私は発表に備えて早めに移動して部屋で精神集中を行っていました。そしてピコ秒のセッション(二日目)の始まり始まり〜♪私はPerrin先生に続いて2番目の発表です。
 4〜5月も結局なんだかんだで意外と忙しく、最近はちょっともう徐々に仕事が雑になってきて、今回は遂に発表練習はおろかパワポチェックすらしてもらってないといういよいよヤバい状況(笑)「俺もようやく助教になったのかぁ〜♪」って思ってみるけどそれきっとだいぶ違う(笑)けど、それでもちゃんとパフォーマンスを出すのが助教です。なんだかんだで無事発表をこなし、きっちりと15分間の仕事をこなしてきました。ドヤッ!ハハンッ♪って自慢する相手がいなかった(笑)あぁこういう時にK. Nakajimaがいれば・・・。昨日のチーズといい、彼ならきっとこのオシャレな街メッスでも安定のクオリティでチヌトーーク!を繰り広げてくれただろうに。

 その後のピコ秒のセッションも熱心に聞いていましたが、2年前は結構感銘を受けたのを鮮明に覚えていますが、学位をとった今改めて聞いてみると・・・「で?っていう(笑)」研究が多くてピコ秒がサチってる空気を肌で感じてしまいますねぇ。極めて優れた手法なのは間違いないのですが、「重要な技術」になりつつある気がして、自分の使命に近いものを改めて感じました。ちなみにスーパーマリ●でヨッシーに乗った時の鳴き声の効果音って知ってます?あれ、よく聞くと「で?っていう」って聞こえるんです!!!・・・まさに、で?っていう(笑)

 この日は学会会場でオーケストラのコンサートがある代わりにバンケットや夕食などは何もなく、学会を終えるとその辺へくり出してコンサートまでの間に晩御飯。私は荻先生と二人で素敵なイタリアン系?のお店に入ってテラスでメッスの夕方を満喫していたのですが、すると同じ店の看板をじろじろと見てるあの髭のジェントルマンは・・・Gッ、Gusev先生!!!何と同じ店を選んできました(笑)席はだいぶ離れていたのでセーフ・・・。そしたらそのしばらく後にはなんと北大の松田先生が隣のお店の看板をじろじろご覧になってるじゃありませんか!?そのままその店の奥へと消えて行ったので無事セーフ(笑)まぁ同じ場所で同じ仕事をしてたんですからそういうこともありますよね。(笑)

左は松田先生のお店で、右が我々&Gusev先生のお店♪このあたり一帯がこんなお店ばかりで楽しい場所でした。


考える荻(先生)と、Hanburger Bleu-Mozzarella♪あのハンバーガーまでもがフランスでは一線を画すおいしさでした♪


 夕食を終えると7時半からコンサート♪曲目とかなんかいっさい情報がないなぁ〜?っていうかこんなになんか照明に凝った感じのオーケストラ、大丈夫か???って思っていたら・・・まず最初に出てきた5人組ぐらいの手ぶら集団がiPad?を使った電子音楽による謎のアンサンブル(笑)・・・マジか(笑)クオリティは高いんですけどね!?
 そして30分ぐらいにも上るフランス語のありがたぁ〜いスピーチを挟んでからの謎の現代音楽(笑)約1時間に渡ってぶっ通しで高貴なる音楽活動をまじまじと見せつけてくださいました!もうあまりにハイレベルだったせいか新鮮なものに触れられたせいか荻先生も私も終わったころには精神がすっきり!(笑)いやぁ〜!気持ちよかったぁ〜!!!と、いう感じで二日目のお仕事の幕が閉じました。(笑)

一連の現象はすべてこの学会会場メインホールにて発生しました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜爆睡万歳!!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 5月13日。今日はPer.(打楽器)をやっていた私の後輩のお誕生日です〜♪日本とフランスという時間的・空間的な距離を物ともせず、ちゃ〜んとメールを送ってあげる俺ってさすが♪(笑)
 徐々に時差ボケが解消されつつあり、昨日の夜はオケの演奏会で寝るのが遅かったため今朝はゆっくり6時まで熟睡していました♪起きると身支度を軽く整えてから今日の朝食も例のパン屋さんへ。昨日とは違うものを頼んでやる!と意気込む私。「メニューのどこを見ればいいのかもうわかっているのでもはや無敵や♪(笑)」って思いながら到着したけど、ごめん、やっぱり全く読めない(笑)mayoってマヨネーズ?それはほしいなぁ〜♪っていうことで今日はmayo押し!!!なんか言ってるけど、いや、今日の俺はmayoや!!!とフランス語に負けじと押し通すことで注文が完了したんですけれど、黒板に書いてある料金が3.3ユーロなのに私のサンドイッチはなぜか3ユーロ(笑)なんかミスってるんやろうな(笑)あと、結局昨日と全く同じものが出てきました(笑)・・・もしかして昨日のマッシュってmayoのことだった???

道路に出ているそのお店の看板と今日必死に思いでゲットしたサンドウィッチ。


 さて、今日のプレナリートークはインペリアルカレッジのP. Cawley先生♪ガイド波とかをやってる有名人で私でもある程度知っています。その後はポスター発表(+コーヒーブレイク♪)などを挟みつつ、我々はもう発表を終えたので気楽に学会を堪能しました♪
 あっ、そ言えば最近平尾研で流行のGusev先生と私もだいぶ顔なじみになれたんですよ♪するとコーヒーブレイクの時とかであったら私(日本人)はほぼ無意味な笑顔を浮かべて会釈するのですが、Gusev先生(ロシア人?)はGentleman's smileを炸裂させながらウィンクしてくれるんです(笑)Gusev先生超カッコイい!!!

寸暇を惜しんでお仕事に励まれる荻先生。お知り合いの先生方も多数いらっしゃるようで、自分との差を改めて感じました。


 この日の夜はGala Dinerが行われました♪学会主催のバンケットってやつですね♪メッスって意外と物価が安くてその辺のお店なら一人15ユーロも払えばそこそこおいしい料理とワインが飲めるんですが、それに比べて学会のお昼ご飯(自腹で支払い済み)は一人15ユーロ、バンケットは50ユーロってちょっとこれは本気で堪能するしかない。というかなめたメニュー出そうものならどうなるか分かってんのか!?っていうぐらいのノリでバンケットに臨みました(笑)
 すると7時半から始まるはずが、シャンパン(←私は興味ない)とおつまみ(←キョウミシンシン!)を前に10分ほど立ったまま待たされ、謎のスピーチを聞かされて、ようやく配られたけどすぐに食べつくしてしまい、手持無沙汰の状態で謎の歌が始まりました(笑)ちょ、50ユーロの使い方なめんなよ!?せめてもの救いはiPad的なやつを持っていなかったことぐらい(笑)あっ、アンコールを誰もかけなかったのは本当にみんな同じことを思ってたんだと思う(笑)なんせようやくテーブルに案内されるまでに1時間近くかかりました。

あの歌手さんは2階で歌っていらっしゃいました。気づくのに5分以上かかりましたが興味がなかったわけじゃありません(笑)


 テーブルでは京大の琵琶先生と、その他その場で知り合った方とご一緒に♪料理の方はフレンチのフルコースでまぁさすが50ユーロもつぎ込んだだけのことはある。ただ出てくるのがめっちゃ遅くて、徐々に22時(←私の活動限界 笑)を過ぎてきて、残り2品を残した状態で私は活動停止、完全に沈黙しました。(笑)いや、本当に眠くて本当にうつらうつらと寝てしまい・・・すみません。
 んで「よし、やっとデザートもきたしこれで帰れる!」って思いながらゆっくり起きると、デザートと共にやってきたのが超ハイテンションなO. Wrightせんせぃ〜!え?深夜23時過ぎやで?何この状況(笑)酔っ払った状態でめちゃめちゃ陽気に荻さんに絡んでいくのを夢の向こう側から見ていました。出来れば夢であってほしかった(笑)眠い・眠い・英会話の3点セットが揃ったわけわからん状態で聞く二人の会話はもう本当によく分かりませんでしたが、なんだかWright先生が荻先生の味方として「ナニカンガエトンノジャァー!」ってどっかに怒鳴りこみに行ってくれるみたいです(笑)ようわからんけどめっちゃおもろい(笑)

フレンチのフルコースです。右は最後のデザート。残念ながらとにかく眠かったことしか今は記憶にございません。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ねっむ(笑)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 5月14日。今日は!なんと!誰の誕生日でもないんです(笑)いや、1/14はTuの後輩、2/14は・・・中2の時の同級生?3/14はいないけど3/15,16,17はPerの後輩、5/4もPerの後輩的な、7/14はA.Saxの後輩&Hrの後輩のHrの重要なお友達、9/14はTpの同級生、10/14はPerの後輩のお誕生日・・・って盛りだくさんなんですけど、はい、5/14生まれの人は現在募集中です。って思いながら今facebook開けてみたらなんと今日はClの先輩のお誕生日でした(笑)おめでとうございます♪

 今日は学会最終日。Metzでの生活にも慣れてきた我々は例のあのパン屋さん毎朝通うのが楽しみとなってきました。「今日は何注文しようかなぁ〜?」と楽しみにしながら行ってみるとなんと開いてない!なにぃ!?ここまで来て、徐々に店員さんともなじんでこれたと思ってきたのになんてこった・・・!!!

その時の荻先生と私の顔といえば、えぇ、まさにあんな顔をしていましたよ(笑)


 諦めてTGVの駅まで行って英語の通じる優しいおばちゃんからおいしいパンをゲットしました♪ちなみにパン(Pain)って実はフランス語だったんですって!知ってました!?荻先生的にはこの学会最大の収穫だそうです(笑)

 ちなみに徐々にフランスにも慣れてきた我々。ただ言葉はやっぱりフランス語しか通じない場合も多く、「これいくら?」ってなんぼ英語で行っても全然通じないんですね(笑)「How much?」ってこちらがどんなに聞いても向こうが全然理解してくれない・・・。こういう時こそ地球の歩き方や!っていうわけで調べてみると「セ コンビヤン?」でいけるらしい。なるほど!そして荻先生が早速トライ!するとさっきまでさっぱり訳の分からない顔をしていた店員さんがぱぁーっと明るい表情を浮かべてめっちゃ答えてくれました!!!フランス語で(笑)ごめん、今度はあなたが何言ってんのかこっちが全然わからない(笑)やべぇ・・・。めっちゃ喋ってるけど全く分からん(笑)


 さて、今日も朝一のプレナリートークから参加しました。全然知らない人でしたけど負の屈折率・負の位相速度などに関する面白い話が聞けました♪北大のWright先生のところもピコ秒でそういう事やっていましたね。ただ昨日バンケットを終え、今日でもう学会も終わりで、なんか参加者の数が・・・もはや悲惨(笑)我々はプレナリートークの最初からちゃんといましたが、6割ぐらいの人は遅れてぞろぞろやってきて(笑)コーヒーブレイクを挟んだ後のテクニカルセッションではあのどデカいホールに20人未満の人がちらほら座ってるだけですげぇ閑散とした燦々たる状況。でもランチ会場は大盛況で、どうやら別のセッションは盛り上がってたみたいですね♪・・・まさかランチだけ食べに来たわけちゃうやろうな!?

 ちなみに閑散としてるのはなぜか街中も同じ。学会が終わりお土産と夕食を求めて街中を歩いているとなぜかどの店も閉まってる。気になってホテルに戻ってから聞いてみると今日はなんとキリスト教の昇天祭だったみたいです!なるほど。大切な祝日はちゃんとみんなお休みして、文化のなんたるかを肌で実感できました。そのせいでお土産は買い損ねました(笑)だって・・・!店閉まってるねんもん!!!せっかく昨日下見したいい感じのお菓子屋さん(ホテルの人&地球の歩き方reccomend)や現地の雰囲気満載の市場まで本当にしまってるのを発見した時は僕も荻先生も驚くを隠せませんでした。

その時の荻先生と私の顔といえば、えぇ、まさにあんな顔をしていましたよ(笑)

おっと、まちがえた。こっちじゃなくてこっちこっち。


 まぁ晩御飯の方は予定通りの店でびっくりするほど美味しいシチューにありつけたので良しとしよう。うん。それにこれで「ごめん!お土産買えなかってん〜」っていう言い訳ができるのでむしろ好都合やん♪(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜さらば、Metz。また会う日まで。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 5月15日。今日でMetzともお別れ。荻先生は日本へ、私はプラハへ旅立ちます♪(笑)フフフフフ♪(笑)
 そして油断してはいけません。今日は中1の時からずーっとA.Saxをやってる後輩のお誕生日です〜♪(笑)ちなみに5/10の子と同学年の子です♪この子の演奏会には今でも年1回は聞きに行ってまして、GW中もある演奏会でばったり出会ったりして、なんだか未だに交流が盛んな方です♪

 朝はもちろんあのパン屋さんへ♪平日は6:30からオープンしてることを我々は既に知っています。ホテルをチェックアウトして6:35にはパン屋へ到着(笑)多分、今日最初の客だと思います。あっ、あなたは!初日来た時、朝の忙しい時間帯にも関わらずフランス語が全く分からない我々のことも嫌がらずに相手をして下さったマッシュ押しの店員さんじゃありませんか!そして向こうも顔を覚えてくれていたみたいで「あらまぁ〜♪また来たの?前来たの覚えてるよ〜♪」みたいな感じでご挨拶してくださいました♪ちなみになんて言ってんのかはわかってません(笑)
 そして最終日こそ、今日こそ我々も成長した証を見せつけるために新しいメニューを頼んでやる!って思ったら、なんと早く行き過ぎたせいか今日はトマトとレタスがないって断られた(笑)最終日は逆に後退してチーズだけという何ともsimple is bestを追求した形となってしまいました。いや確かに前回までとは違う新しいメニューやけど・・・。

 こうして朝食などをゲットして無事TVGに乗り込みMetzを後にしました。

 なんだかんだでMetzでの6日間はとても楽しかったです。行く前は「Metz?ってどこやねん(笑)そんな辺鄙な街なんで選んでん!!!」って言う感じで若干キレ気味でしたが行ってみればなんのその。田舎町独特のきれいな街並み、ゆったりとした時の流れ、人々の温かさ、old Franceの洗練された美しい文化、物価の安さと治安の良さ、どれをとっても極めて素晴らしい町でした。日本での知名度は皆無に等しいかもしれませんが、こういう素敵な街はもっと大切にしたいものですね。パリからTVG1本で1時間半、駅から降りてすぐ目の前に広がるMetzの美しさを是非皆さんにも味わって頂きたいと思いました。最後になりましたが、会場周辺のMetzの美しい街並みをご覧ください。

 さらば、Metaz.また会う日まで。日本での口コミは俺に任せろ!

Metzの玄関口、Metz ville駅。ただの駅と思いきや、いきなり古風な雰囲気の素敵な駅があなたを出迎えます。


街中には教会が点在。日本にはない石造りの建物があちこちであなたの心を誘惑します。


そしてMetz最大の大聖堂。360度どの方向から見ても荘厳な建物はあなたの目も心も奪います。


街中にはいくつか広場があり、なんともオシャレな街づくりで歩く者は思わず足を止めずにはいられません。


街の近くを流れる川は豊かな自然と美しい街並みを作り出してくれます。


川沿いも歩くことができ、水面に移る街の姿を見ながら川辺を歩けば思わず時の流れを忘れてしまいます。




 ・・・ちなみに次回のICUは2017年、12月にホノルル(ハワイ)でやるらしいです!マジでぇー!?!?!?よし、行こう(笑)あっ、俺そん頃アメリカかも(笑)
 ・・・今年ホノルルでやってくれてもよかったんやで?(笑)

戻る