◆2012.02.15 平成23年度修士論文公聴会が開催されました!◆

 2012年2月15日(水)に平成23年度の修論公聴会が開催されました!
 平尾研では修士卒業を目指す8名が春からの新生活を夢見て,今後の人生をかけて,修士課程での偉大なる研究成果のまとめ作業に取り組みました!

 修士論文提出締め切りは公聴会2日前の2月13日(月).
 2月からの驚異的な追い上げを見せ,週3〜4回徹夜が普通というような生活リズムで各自追い込み作業に取り掛かりました.あっ,私は毎晩必ず10時に寝ましたけど.絶対に,そう,絶対に.

黙々と修論作成に取り掛かるM2の先輩方.この1点にピントが合いボケがよく効いた写真が素晴らしいですね.


赤の似合う坂本さんとベージュの似合う岡本さん.黙々と,そして黙々と作業に集中していますね.


カッコいいポーズを決めながら必死に取り掛かる山本さんと考察を思案中の姿もカッコいい大浦さん.


 そして様々な苦難を乗り越え,直前の土日には無事全員ほぼ完成.月曜日の提出に備え研究の集大成を印刷しようとしたらしかしなんとここでトラブル発生!
 自分たちだけでちょーしに乗ってカラープリンターを使ったM2の先輩方がこのタイミングでプリンターを粉砕(笑)論文提出を目前にしたM2・M1・B4全員が急遽対応に追われることになりました(笑)

跡形もなく粉々に粉砕されてしまった(?)貴重なプリンター.卒業寸前にクラッシャーの称号が先輩に授与されました.


 まさかのトラブルにも見舞われ一事はどうなることかと思いましたが,結局無事全員期限内に提出できました♪そして一息つく間もなくさっそく公聴会の資料作製・練習開始です.

カメラが気になる様子の山本さんと楠本さん.本当に,邪魔してすみませんっ!


パワポの作成に取り掛かる先輩方.先生の厳しいチェックの目が光ります.


そしてプロジェクターを用いて実際に練習.神妙な面持ちで準備に取り掛かります.


緊張のあまり笑顔がこぼれることも.楠本さんはいつも笑顔です.


そして他人が発表している後ろでは参考のために大勢の人が見守ります.


 公聴会前日は2月14日(火).そう,チャラ男達お待ちかねのバレンタインデー:VDです!!!するとなんとNurmaがみんなに昼食を作ってきてくださいました♪

美味しそうな料理をみんなで頂来ました.但しこの中に辛さを通り越した自慢の料理も一品含まれています.


 そして当日.前日から徹夜で追い込みをかける人もいれば,前日から研究室に泊まり込み寝袋で過ごす人も.
 皆スーツに身を包み,直前まで練習を続けた後にいざ発表です♪

トップバッターは大浦さん.題目は「局所領域の非線形量計測を目標にした共振超音波顕微鏡の開発」です.
朝,最終チェックに勤しむ様子と発表の様子.発表時の写真がしょぼくてたまらないのはデジカメの問題です.


お次は岡本さん・川本さんの2連続講演.
岡本さんの題目は「圧電対基板の共振を利用した成膜中における薄膜の構造変化モニタリング」.
大浦さんと同様に動作のチェックを行う様子と発表の様子.


川本さんの題目は「極短パルス光によるナノ薄膜のフォノン計測技術を用いた高感度バイオセンサの開発」.
岡本さんと一緒に朝,動作チェックを行う様子と発表の様子.質疑応答もばっちりでしたね!


 お昼休憩をはさんで午後の部へ♪

まずは楠本さんと坂本さんの2連続講演です.私もスーツに着替えたせいでデジカメを忘れてしまったという悲劇・・・.
楠本さんの題目は「超高周波音響フォノンを利用した薄膜の高温弾性モニタリングシステムの開発」.
最終チェックを行う楠本さん.出来る男のオーラが背中から放出され続けています!発表直前もこの余裕の笑顔です.


続く坂本さんの題目は「α-水晶とランガサイトの弾性定数と内部摩擦の温度依存性:超音波共鳴法を用いた高温計測」.
集中して発表直前の最終チェックに挑む様子と,発表を終えすべての重圧から解放された満面の笑み♪


その次はM1の長久保君の発表.題目は「BNの弾性率計測とSrTiO3の相変態のモニタリング」.
国際学会に1年で4回も参加した参加した彼は下図のように堂々とした様子で発表を行っていました.

(彼の写真のみ無かったため代わりに似顔絵での紹介とさせていただきました)

お次は唯一,第三会場へ飛ばされた柳田さん.題目は「水晶内蔵型振動子センサの改新と実用化へのアプローチ」.
発表前は相当焦っている様子でしたが,いざ始まってしまえば質疑応答までばっちりでしたね!


最後は山本さん.題目は「極短パルスレーザーによるフォノン共振を利用したナノワイヤの超高周波共振現象の研究」.
発表前から小ボケをかまされたり,Mr.ドン平尾研の風格を解き放たれたり,余裕で質疑に応答されている様子.


 そんなこんなで8人とも無事公聴会まで終えました!そしてもちろんそのままM2(6人)とM1(5人)で打ち上げへ行き,久々においしい食糧にありつけましたとさ♪今まで蓄積し続けてきた疲れのあまり,脱落者が続出でしたが(笑)

 これでM2の先輩方は遂に学生としての研究生活に終止符が打たれました.2か月後からは明日の日本のために働くこととなります.今まで本当にお疲れ様でした!!!
戻る