◆2015.05.25~28 NDNC2015に参加しました!◆

2015年5月25日〜28日にかけて静岡グランシップにて開催されましたNDNC(Nano Diamond and Nano Carbons)2015に参加してまいりました. この学会記事,担当させていただくのは「平尾研内ジャージ登校率第3位(自称)」のM2蟻田です. 今回は特任助教の長久保さんと私がoral発表をし,荻先生は2日間にわたり見に来て下さいました. 3泊4日の旅でしたので,ダイジェストで学会の様子をお伝えします.




5月25日月曜日
<発表までの時間>
ついにこの日を迎えました.私にとって初めての学会.初めての国際学会.初めてのoral発表. (行きの新幹線の中で長久保さんとパワポをチェックし…というくだりはあるあるなので割愛させていただきます). 若干パワポを編集しなおしまして,無事東静岡駅に到着しました.



今回の会場はグランシップ静岡です.会場に向かう道すがら,徐々に緊張感が高まってきました. この辺から徐々に顔が引きつってきています. いつもは賑やかな私ですが,口数が少なくなってきました.一応,写真を載せておきますね.



発表する会場がとても大きくて,それは知っていたのですが(1週間前からパソコンのデスクトップを発表ホールの写真に変えておきました),やはりいざ実際にその場に立つと緊張からとてもドキドキしました. 普段,公の場で話すときは「女は度胸と愛嬌」と自分に言い聞かせて挑むのですが,今回はそんな余裕すらもありませんでした.



<発表>
発表でのハプニングは一つだけ. 「Thank you for introduction.」と言ってから気づいてしまいました,マイクを持ち忘れたことに. マイクを持ち忘れるくらい緊張していたんですね.今振り返ってそう思います. マイクを持ってからは,聴衆に伝わるように,落ち着いて話すことを心がけながら発表を終えました. あまり聞いている人の顔を見ることが出来なかったのが心残りです.次の発表につなげたいです.精進します!

発表中は撮影禁止のため,練習の様子の写真のみとなります. 想像力で臨場感をお楽しみください. ※なお,この写真ではマイクはちゃんと取り付けられております.



<楽しい夜ご飯>
なにはともあれ,発表を終え,すっきりした気持ちで晩御飯を迎えることが出来ました. 荻先生と長久保さんで,長久保さんチョイスのお店へ. そこは柚推しでした.私はさや姉推しです. お食事をしながら,荻先生おススメの本のお話などたくさんの面白いお話を聞くことができ,とても楽しい時間を過ごすことができました.

1日目のベストショットです.発表後のため,晴れやかな顔ですね.笑



5月26日火曜日
<長久保さんの発表>
この日は長久保さんの発表でした. 私はと言いますと,普段からお世話になっている長久保さんの発表ということで,真ん中のいい席を陣取り聞く準備万端で挑みました. 発表は英語なのに,日本語をしゃべっているかのようにすらすらと話されていて,スライドも色合いがきれいですし,すごいと思うところがたくさんありました. 質問もがっつり5分くらいされていたような気がします(予定は3分). 発表後も長久保さんのもとへ質問を聞きに行っている人がいたのを私は見逃していません. 私自身も学ぶことができ,とてもとても参考にさせていただきました. 発表後には「ドヤっ!ははん」を聞けましたので,私は満足です.

長久保さんの発表なされた会場がこちらになります.



<息抜きにクイズ>
この日私は,長久保さんの発表会場に結構な時間いて待機していたのですが,そこで私,なんと見知らぬ人に手を振られ,会釈され,さらには話かけられました. 長久保さんとなぜ話しかけられたのかを考察したところ,

1. 1日目の私の発表がよくて興味を持ってくださった
2. 私が可愛かったので興味を持ってくださった
3. その他

という選択肢にたどり着きました.(注:ネタです.真面目に行っているわけではありません.) この件の真相についてはバンケット編でお伝えします.

2日目のベストショットがこちらです. ポスターセッション用にポスターが貼られている傍らに1日目には存在しなかったお茶菓子とお抹茶をもらえるコーナーが出現していました.



5月27日木曜日
<バンケット>
関西学院大学の鹿田先生の「This is today’s main session!!!」という挨拶で始まりました. この日のメインイベントです.静岡センチュリーホテルで豪華に行われました!



2日目に知り合った東京理科大の清水先生をはじめとしてまずは色々な方とお話ししました. 最初は日本人同士で話していたのですが,中国の方が同じテーブルにいらっしゃいました. どうやら私を中国人だと勘違いしていたようです. 私って外見だと中国人に見えるんですね….

それでは,クイズの答えです. 手を振って挨拶までしてくださった方に話しかけに言って聞いたところ,「知り合いにめちゃくちゃ似ていた」とのこと. あ,その人中国出身の方なので,私はやっぱり顔立ちが中国風なのでしょうか.2番だと割と真剣に考えてくださっていた方,残念ながら不正解です. はい,本当に残念です.心から残念です.私も10%くらいは期待していたんですけど.(注:繰り返しますがネタですよ.本心ではありません.)

その方に「今度は9月の応用物理学会に参加するよ. 真里さんの別の発表が聞きたい」と言われたので,私のモチベーションも上がっています. 次もまた学会に参加したい!と思いました. というわけで以上をまとめますと,バンケットで得られた知見は「私は中国風の顔立ちをしている」ということです.

私が海外の方や関東の大学の方との歓談を楽しんでいたその頃,長久保さんは美しい女性と2人きりで会話に熱中していました. その様子を写真に収め損ねたのが残念でなりません. どうやら,バンケット後にご飯に行く計画をしていたとか,していないとか…. 学会最終日に名刺を渡していたとか,いないとか…. さすがですね,長久保さん♪

というわけで,3日目のベストショットはバンケットで仲良くなった方々との写真ですね. 長久保さん,いつも写真を撮ってくださってありがとうございます.



5月28日金曜日
<最終日>
バンケットも終わった後のため,学会会場にいる人は少し減ってしまいましたが,最終日は今回の学会で仲良くなった清水先生の発表を聞きたいということで,聞きに行きました. ざっくりいうとダイヤモンド内の欠陥について研究なされています.

最終日は会場の前で撮った写真がお気に入りです.1日目に比べると充実した顔に変わっていますね.



今回の学会ではダイヤモンドについて合成をやっている人がいたり,バイオへの応用を考えている人がいたり,NPDについて研究している人がいたりとたくさんの分野の発表を聞くことができ,とても貴重な経験になりました. 最初から最後まで面倒を見てくださった長久保さんや,パワポや発表練習のチェックをしていただいた荻先生,中村先生,本当にありがとうございました.

それでは最後に平尾研究室の益々の発展をお祈りいたしまして学会記事の締めの言葉とさせていただきます.

文責:蟻田


戻る