◆2015.03.15〜19 TMS2015に参加しました!◆

 2015年3月15日から3月19日に渡ってアメリカの金属学会的なものにあたるTMS(The Minerals, Metals & Materials Society)の学会が開かれました!
 開催地はもちろんアメリカです。アメリカのフロリダ州だそうです。常夏の州ですね!フロリダ州の・・・オーランドというところです。オラウータンではありません、オーランドです。えっ?オーランド???それってもしかして・・・?ちなみに学会会場の名前は・・・Walt Disney World Swan and Dolphin Resortですってさ(笑)皆さんちゃんと読みました!?ウォルトディズニーワールド(WDW)のスワン(白鳥)とドルフィン(イルカ)のリゾートホテルですってさ!!!
 というわけで国際学会に出席するために世界最大のディズニーランドとも言われるウォルトディズニーワールド(WDW)へ行って参りました!!!年度末の忙しい&めんどくさい時期にこの学会に平尾研から参加するのはこの3人!

まずは我らが平尾先生!(Invited)


二人目は地球の裏側(チリ)にまで守備範囲を持つ中村先生!(几帳面)


最後は将来のことで絶賛悩み中の長久保白!(俺)



 このオーランドという土地はアメリカの中でもきっと有数のリゾート地だそうで、そこにはWDWをはじめユニバーサルスタジオオーランドや、NASAなど様々なリゾート施設(?)が立ち並びます。WDWには東京ディズニーランド(TDL)にあたるマジックキングダムやコンテンツが東京ディズニーシー(TDS)に近いハリウッドスタジオ、地形がTDSに近いエプコットのほか動物を数多く保有するアニマルキングダムという4つのテーマパークがあるそうです。そしてさらに常夏の国ならではの超豪華プール:ブリザード・ビーチやタイフーン・ラグーンという施設まであるそうです。
 さらにディズニーだけではなく、シーワールドという水族館ではイルカのショーではなく世界的にも珍しいシャチのショーが見れるそうです(秘書さん情報)。イルカの体長はまぁせいぜい2m前後ですがシャチはその倍以上!7m近くもあり、海の王者・ギャングなどとも呼ばれれ、強力な顎と明晰な頭脳を併せ持つ優れものどもです。
 他にもユニバーサルスタジオオーランドのほか、広大なゴルフ場などのレジャー施設など、もう盛りだくさん!あぁ・・・こんなところに仕事でいくだなんて・・・。1か月あっても遊び足りないぐらいのリゾート地、どーせ来るならプライベートで来たかったですねほんと。

 さて、行の飛行機は7:50伊丹発、成田経由、シカゴオヘア空港域です。私が最後に海外へ行ったのがシカゴですので、謎のシカゴ押し再びですね(笑)3/14(土)の7時50分の飛行機の乗って乗継なども含めて14時間ほどの旅をして、シカゴについて再び3/14(土)の7:45っていう相変わらず不思議な現象。めっちゃホワイトデー来るやん(笑)

安定の機内食♪ハーゲンダッツをコーヒーと一緒に食べるのはもはや私にとって義務の一つ。


実は今回の旅行、伊丹からオーランドまで尾方先生とご一緒でした♪



 そしてシカゴで乗り換えてさらに3時間弱のフライトを経てようやく夢のk・・・じゃなかった、常夏の土地オーランドへ到着♪ここからハードな仕事が始まります!
(今回は私が一番下っ端の雑魚キャラのため写真に小ボケも何もありません。おもんなくてごめんなさい。)


 さて、今回の学会には7:00〜8:00にかけてPresentars Coffeというその日そのセッションに登壇する人同士の交流する場が設けられているため朝6時前にホテルを出発しました(笑)その上アメリカにはサマータイム制度というものが実在し、実はそれが3/8に始まったところだそうです。すでに時差ぼけで時間感覚のくるっている旅行者にとっちゃ時差が13時間ってだけだったはずなのですが、なんせつい最近切り替わったため朝が・・・暗い(笑)

言っときますが、これは夜景ではなく朝の風景です!そう、「朝の風景」です!!!



 そして私は月曜日に発表を行いました♪まずその噂のPresenters Coffeにいったんですけどまず先生方とは発表日が違うため別行動。そして7時前にちゃんと来てるのはまず私だけ(笑)私はもうまるで草原に解き放たれた野兎のようにつぶらな瞳と不安げな様子で次の方のご到着を待っていました。そして一人、また一人とくるたびに自己紹介を交わすところまでは良かったのですが元々のコミュ力不足に付け加えて英会話能力の低さが累乗できいてきて私のテンションは指数関数的に減衰していきました(笑)あぁ国際学会怖い怖い怖い怖い・・・(笑)そして全員で15人ほど来るべきところなのですが結局5人程度(笑)有意義な朝のひと時でした(笑)そして8時半からセッションのスタートです♪

 我々の参加したセッションはNew Horizons for Mechanical Spectroscopy in Materials Science: RUS and Mechanical Spectroscopy in Generalというセッションです。一人目はLos AlamosのMigliori氏、二人目はその知人でCambridge大学のCarpenter氏によるInvited talkで始まり、Mississippi大学のGladden氏に続いて私の発表を挟んでコーヒーブレイクというスケジュールです。
 Mligori先生は論文ではB4のころから名前を拝見していましたし、お話もいろいろお伺いしていましたが、実際にお会いするのは初めて!Mr. RUSとも呼ばれるほどのRUSの大家で、単純な計測法・計測結果の話だけにとどまらず熱力学とRUSをからめた研究意義などの紹介もありきわめて刺激的でした!その後もRUSを用いた弾性率計測・固体物理学の非常に面白い話が続きました。私はそんなに言うほど学会参加回数の多い訳ではありませんが、そんな先生方のご発表を聞いていると生まれて初めて、そう、生まれて初めて「この参加者たちの前で早く発表したい!」という不思議な昂揚感にかられました(笑)学生の参加者がおそらく0で、全員高名な先生方ばかりで、なんというか本当に緊張と喜びのハイブリッドみたいなもんです(笑)

ちなみに翌日とったMiligori先生との写真。もちろん中央の方がMiligori先生です。



 そして訪れた俺のターン。というかね、Miliori先生はMr. RUSと呼ばれるほどのRUSの大家で、そのあとのお二方もRUSを使った弾性特性の計測結果について喋ってて、そこに来て私が突然ピコ秒の話をするっていうなんか空気を読めてないこの感じ(笑)思わず「I'm sorry for not using RUS(笑)」と笑ってごまかしました(笑)
 ですが計測手法はともかく、実験内容は十分に理解して頂け、ピコ秒ならではのこの研究意義と成果を分かってもらえた気がします。コーヒーブレイク時にはMiligori先生ともおしゃべりすることができ、私としては大変光栄でした♪そろそろ日本をいったんでないとなぁ〜と思っているところなので国際学会というのは非常に重要ですね。

ちなみに学会会場はこんな感じ。ドルフィンホテルの外観と内観。


スワンホテルの外観と内観。



 一方の中村先生と平尾先生は日を改めてのご発表。また朝6時台にホテルを出発して先生方はPresenters Coffeへ、私は今日も一人ぼっちですがふつーに一人ぼっちのためその辺でHPの下書きをしたり朝日の撮影に励んでいました♪こっちの方がよっぽど気楽♪(笑)

フロリダの日の出。あぁ美しい朝よ。


朝焼けに燃えるドルフィンホテル。



 そして一足お先にセッション会場(Macaw←これ何か知ってますか?)に移動し、登壇者の方々のご到着を待たれていたら中村先生がフラット一人で来られました。「平尾先生は?っていうかほかの方は?」って軽く思っていると中村先生から衝撃のご発言が・・・。「いやぁ〜・・・ビビった。Presenters Coffeきたの僕と平尾先生だけやった」そうです(笑)まさかの二人で1時間お茶してたっていう(笑)日本でもできるやん!っていうか日本でもしないやん(笑)最後にHurley氏の方がふらっと来られたそうですが「準備あるから先行くわ!」っつってすぐ消え去ったとか(笑)あらまぁ・・・やっちまいましたね。ほんと、我々日本人はなんて真面目かつ真摯に学会に参加しているのでしょうか♪
 先生方のご発表はさすが、圧巻の内容とほれぼれするようなご発表でした♪特に平尾先生のご発表を聞いたのが実は初めて?のような気がします。とてもとてもいい経験になりました♪

 他のセッションでは、私の発表の時にOhio state大学でピコ秒をやってるX. Duって方が質問して下さり、日を改めて僕も発表を聞きに行ったのですがフィルムで表面波を励起し結晶粒ごとの弾性率を計測するというような内容で、ちょうど今横波・表面波に取り組んでいる我々にとっては興味深い物でした。


 そんな感じでアメリカは中々のインパクトでした。さらばオーランド。またいつか足を踏み入れてやるから待っていたまえ。今度こそはプライベートで、できれば1か月ぐらいいたいところですなぁ(笑)

お別れはオーランド国際空港のお土産物屋さんで見かけたミッキーマウスです♪



戻る