◆2012.11.13〜11.15 USE2012に参加しました!◆

11月13日から15日、千葉大学にて開催された第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム、USE2012に参加してきました。

このシンポジウムには毎年平尾研から多くの学生が参加していますが、今年はM2の福島さんとM1の森上君がオーラルセッションで、D2のNurmaさん、D1の長久保さん、M2の上杉さんと中道さん、M1の上原君がポスターセッションで発表しました。
また、昨年博士課程を卒業された加藤さんがオーラルセッションで参加しました。

―1日目―

1日目の最初はオーラルセッションで、その最初、すなわちこの学会の最初の発表を福島さんが務めました!!
残念ながらその様子を見ることはできませんでしたがさすがの発表だったそうです。

2日目と3日目に発表を控えた上杉さん、中道さん、Nurmaさん、上原君の4人は、オーラルセッションに抜擢された森上君の勇姿を見るべく飛行機で千葉へ向かいました。



我々が会場に着いた時には、招待講演として阪大蛋白質研究所の後藤先生が講演をされていました。
この時すでに千葉についていた森上君は、ホテルで午後に控えた発表の練習をしていたそうです。
緊張できっと悲壮な顔をしていたことだろうと思います。

悲壮な顔(イメージ)



招待講演の後のポスターセッションでは長久保さんが発表されました!!
少し狭いポスターセッションの会場には熱気があふれ、様々な研究者と入れ代わり立ち代わり熱い議論を交わす非常に盛り上がった2時間となっていました。
発表直前にもかかわらずさすが余裕あふれる笑顔です。



1日目の最後のオーラルセッションでは、森上君と加藤さんが発表行いました。
オーラルセッションの会場はこのように大舞台となっています。こんな場ではそら緊張もします。


この日のために早くから準備をしてきた森上君。
「どういとい」や「にゃ」など噛んでしまう場面もありましたが、難しいテーマの研究発表を堂々とわかりやすく行いました!!
この日最後の発表を務めた加藤さんは、微塵も緊張を感じさせない素晴らしい発表でした。

皆さんお疲れ様でした!




晩にはOBの多根井さんがはるばる千葉まで来てくださり飲み会で盛り上がりました。


―2日目―

2日目は上杉さんとNurmaさんのポスター発表です。

上杉さんのポスターの前には常に人だかりができていましたが、ドレスデンでの国際学会を経験された後では、日本語による質問などたやすかったことだろうと思います。
また一昨年オーラルセッションで奨励賞を獲得したNurmaさんはなんとポスターでの発表は初めてで、こちらもほとんど人が絶えることはありませんでしたが、ポスターセッション特有のたくさんの研究者との濃密な議論を楽しんで発表されていました。

お馴染みのポーズの上杉さんと、そのポーズを真似るNurmaさん。似合ってますね:)



2日目の最後のセッションが終わった後には、2011年度の奨励賞及び論文賞の授賞式が執り行われ、
午前中から会場にお越しになっていた川本さんが奨励賞を受賞されました!!


おめでとうございます!!


便乗する上杉さん。この時はまだ賞を取るとは知る由もなく…


2日目の晩にはOBの岡本さんが千葉まで来てくださり、仕事の話などで盛り上がりました。
翌日も仕事だったのにも関わらずありがとうございました!!




―3日目―

最終日のこの日は中道さんと上原君のポスター発表がありました。
360度爽やか好青年な中道さんと、上杉さんのポーズを真似る顔色の悪い上原。


この日も会場には多くの人が集まり、思い思いに興味のある研究発表を聞いていました。
やはり中道さんのポスターにもほとんど人が絶えることがなく、私も説明し続けであっという間の2時間でした。

また、個人的な話になりますが、国際シンポジウムということもあり日本語の話せない方と英語でやりとりする場面もありました。 英語力が不十分なために完璧に内容を伝えられなかったのは残念でしたが、なんとか研究の意義や有用性を理解してもらうことができ、最後には「難しそうだけど頑張って」的な激励の言葉を頂いたことは非常に良い思い出となりました。


こうして今年のUSEも無事に終わり千葉を後にしました。

これでM2の先輩方は全員、学生生活における学会発表がすべて終了した予定です。卒業をかけた公聴会へ向け頑張ってください!!
M1やB4もまたこのような学会に参加できるよう頑張っていきましょう!!
戻る