◆2012.07.25 ソフトボール大会8連覇を成し遂げました!◆

梅雨が明けてますます日差しが強い7月25日、大阪大学豊中キャンパスの運動場では世紀の一戦が幕を開けました。
準決勝が行われてから2週間、待ちに待った機械科学コース11研究室対抗ソフトボール大会の決勝戦です。

たかがソフトボール大会、されどソフトボール大会。
我々平尾研にとっては、8連覇という栄光がかかった大きな一戦です。
純粋に勝利を追いかける姿はまるで高校球児のよう…!?



決勝戦の相手は、ここ1年でスピードとコントロールに磨きをかけてきたピッチャー小池さんを擁する河原研。
河原研もこの暑い時期に、決勝戦のために週に何回も練習をしてきたソフトボール狂です。 相手に不足はありません!

(※ちなみに
この世紀の一戦が開催された日、私は風邪で寝込んでいたため今回写真はほとんどありません。申し訳ございません。。)

さて、試合は平尾研が先攻で始まりました。
決勝戦では代々、守備につくレギュラーだけでなくメンバー全員で打順を回すというしきたりがあります。多分。
超技巧派バッターのヌルマや、院試勉強で忙しいB4たちも参加した総力戦を繰り広げました。

しかし相手の守備が固くなかなか点が入れられません。
そうこうしているうちに1点先制されてしまいます…!!
1点ビハインドで迎えた次の回の攻撃、 西川さんのゴロが犠牲打となって1点をもぎ取り、試合を振り出しに戻しました!

その後も投手戦が続き、1対1のまま勝負は延長線へ…!
炎天下の中で長引く試合、みんなもうバテバテでした。←想像

8回もお互い点を入れられず、迎えた9回表。
バッターは去年も決勝戦でホームランを打った坂本さん!

(以下想像)
緊張の場面、小池さんが放ったボールはストライクゾーン高めへ。
この甘い球を見逃さず、バットを振りぬく。 バットがボールの芯を捉える!!
左中間へ飛んだ打球はレフトとセンターの頭上を大きく越えてゆき―
(想像終わり)

ランニングホームラン!!
待望の1点を追加!
もう坂本さんは1流を超えた1流、超1流ですね!

そして9回裏、 ピッチャー上杉さんの力投によりそのまま1点を守りきり 試合終了!!!

8連覇達成!!!

上杉さんの怪我などで一時はどうなるかと思われましたが、全員の力で今年も勝ち抜くことができました!
ソフトボール係兼控えのピッチャー前原君お疲れ様でした!

勝利の立役者上杉さんの胴上げ!




戻る