長久保 白

京都大学化学研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
English page

E-mail:nagakubo.akira.74s st.kyoto-u.ac.jp
電話:0774-38-3105
住所:〒611-0011
   京都府 宇治市 五ヶ庄
   京都大学 化学研究所 S233C


(2011年9月-M1の秋.私は中央の日本人です)


(2015年3月-特任助教になる直前.今度は一番右に立ってます)


略歴


 1988年兵庫県は西宮市に生まれる.幼少時代は青森県三沢市にて雪と靄と米軍基地と触れ合いながら成長を遂げ,1998年,現在の大阪府豊中市に移り住む.豊中市立大池小学校,豊中市立第十三中学校,大阪府立豊中高校を経て2007年(平成19年)に大阪大学基礎工学部システム科学科に入学.その後機械科学コースへ進路をとり2011年(平成23年)4月に同大学院博士前期課程へ,2012年4月に博士後期課程へ進学し,2014(平成26年)年3月に博士号を取得.2012年4月から2015年3月まで日本学術振興会特別研究員を務める
 2015年(平成27年)4月から大阪大学大学院基礎工学研究科で特任助教に着任.2016年4月からはアメリカ合衆国のLos Alamos国立研究所にて客員研究員を務め,同年10月より再び大阪大学大学院基礎工学研究科で特任助教を務める.
 2017年(平成29年)4月からは日本学術振興会特別研究員(PD)として京都大学化学研究所に着任,現在に至る.

 中学2年で勉学に目覚めた際に獲得した非凡な努力の才能を存分に活かし,豊中高校を次々席で卒業(自称).大学入学後も並外れた意欲を持って学業に勤しみ,2回生の際には大阪大学教養教育奨学金(現 大阪大学未来基金教養教育優秀賞)を授与され学年主席の地位を獲得.4年間で89科目155単位を取得し(特別研究を除く),79科目でSを,残る10科目でAの成績を上げGPAは3.89(満点は4).主席のまま学部を卒業し,卒業の際には大阪大学基礎工学部賞,日本設計工学会武藤栄次賞優秀学生賞を同時受賞するという学科史上初の快挙を成し遂げる.
 2011年3月に大学院へ進学した後もその秀でた学績とリーダーシップが高く評価されマイクロン奨学生に採用.博士前期課程(修士課程)はGPA3.80の成績を上げつつ1年で短縮修了し,博士後期課程へと進学.修了の際には大阪大学大学院基礎工学研究科賞を受賞.また特に優れた業績を上げたことによる奨学金返済免除認定(全額)を受ける.
 2012年4月(博士後期課程1年目)から日本学術振興会特別研究員採用(DC1)を務める.積極的に研究に取り組み,2013年4月には生産技術振興協会の海外論文発表奨励賞を受賞.3年間で8回の国際学会に参加しながら博士後期課程を2年で短縮修了する.これで本来は5年以上かかる博士後期課程を修士1年+博士2年の合計3年で博士(工学)の学位取得に至る.

 学位取得後の2014年4月からは学振特別研究員(PD)として同研究室にて研究に勤しむ.同年,第75回(2014年秋季)応用物理学会学術講演会において18分科3851件中,40件(約1%)しか採択されない第37回応用物理学会講演奨励を,第35回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム(USE2014)という超音波の専門学会では約270件中10件程度しか採択されない奨励賞(Symposium on Ultrasonic Electronics: Young Scientist Award)をそれぞれ受賞する.
 2015年4月からは大阪大学の特任助教に着任.研究のみならず,学部3回生向けの機械工学実験と機械工学総合演習の講義を26歳の若さで担当する.2016年4月からは招聘研究員としてアメリカ合衆国のLos Alamos国立研究所に派遣され,固体物理学世界最高峰の研究機関にて日夜研鑽に励む.同年10月から大阪大学に戻り,特任助教としてさらに精力的に教鞭をふるう.
 2017年4月からは人生2度目の学振特別研究員(PD)の職を得る(申請者135名中,採用者15名).京都大学化学研究所の小野輝夫教授のもとで電子線リソグラフィを用いた微細加工技術や磁気計測法を学び,それまで培ってきたフェムト秒パルスレーザーによるポンプ・プローブ計測を組み合わせることで新たな磁気・フォノン計測法の確立に鋭意的に取り組む.

 勉学に精を費やす一方で中学校時代に所属していた母校吹奏楽部の指導にも取り組む.高校2年生の時に合奏指導及び定期演奏会の舞台監督を一部担当すると,その功績が認められ計10年間に渡って同校にて担当し続ける.当時大学1回生の第5回定期演奏会では音楽劇・舞台監督をすべて一人でこなし,第10回定期演奏会では11世代総勢32名に及ぶOBOGをまとめ指揮を振る.後輩の指導に熱い情熱を注ぎ,13年間に渡って部活動の企画・運営・実行に深く携わりきた.新天地にもおいても独特の人柄と一部の秀でた能力が高く評価され,その圧倒的な存在感で活動の幅はとどまるところを知らない.今でも現役生やOBOG・保護者の方々などから広く慕われ,親交はどこまでも深まり続ける.
 趣味は多い.ピアノ・吹奏楽・クラシックなど音楽関連のものから車&バイク・一眼レフ・研究・HP執筆・プログラミングなど理系関連のもののほか,早寝早起き・熟睡・料理・お菓子&お弁当&パン作り・お茶/紅茶/コーヒー・貯蓄・旅行・ハイキング・ゲーム・お誕生日を覚えることなど多岐にわたる.研究者にして写真家でありピアニスト&音楽家,パティシエ,料理人,パン職人.また車&バイク野郎・旧ゲーマー・ブロガーの端くれでもある.好きな色は黒.


研究活動


  • 研究テーマ
    • ピコ秒超音波法を用いたフォノン計測と共振法による音響物理学

  • 主著論文
  1. A. Nagakubo, M. Arita, H. Ogi, H. Sumiya, N. Nakamura, and M. Hirao
    ‘‘Elastic constant C11 of 12C diamond between 10 and 613 K’’
    Appl. Phys. Lett. 108, 221902 (2016).

  2. A. Nagakubo, H. Ogi, and M. Hirao
    ‘‘Refractive index and extinction coefficient of Si at 400 nm between 10 and 300 K’’
    Jpn. J. Appl. Phys. 54, 128001 (2015).

  3. A. Nagakubo, H. Ogi, H. Ishida, M. Hirao, T. Yokoyama, and T. Nishihara
    ‘‘Temperature behavior of sound velocity of fluorine-doped vitreous silica thin films studied by picosecond ultrasonics’’
    J. Appl. Phys. 118, 014307 (2015).

  4. A. Nagakubo, M. Arita, T. Yokoyama, S. Matsuda, M. Ueda, H. Ogi, and M. Hirao
    ‘‘Acoustic properties of co-doped AlN thin films at low temperatures studied by picosecond ultrasonics’’
    Jpn. J. Appl. Phys. 54, 07HD01 (2015).

  5. A. Nagakubo, H. Ogi, H. Sumiya, and M. Hirao
    ‘‘Elasticity and hardness of nano-polycrystalline boron nitrides: The apparent Hall-Petch effect’’
    Appl. Phys. Lett. 105, 081906 (2014).

  6. 長久保 白,荻 博次,平尾 雅彦
    ‘‘サブTHz超音波を用いた機能性酸化物の音速・減衰の極低温計測’’
    超音波テクノ,Vol. 25-5, 89-92 (2013) (解説).

  7. A. Nagakubo, H. Ogi, H. Sumiya, K. Kusakabe, and M. Hirao
    ‘‘Elastic constants of cubic and wurtzite boron nitrides ’’
    Appl. Phys. Lett. 102, 241909 (2013).

  8. A. Nagakubo, A. Yamamoto, K. Tanigaki, H. Ogi, N. Nakamura, and M. Hirao
    ‘‘Monitoring of the Low-Temperature Phase Transitions of SrTiO3 Using Picosecond Ultrasound Spectroscopy’’
    Jpn. J. Appl. Phys. 51, 07GA09 (2012).

  9. A. Nagakubo, K. Tanigaki, H. Ogi, M. Hirao, H. Sumiya and K. Harano
    ‘‘Picosecond Ultrasound Spectroscopy for High Purity Boron Nitrides’’
    Proceedings of ATEM’11, OS02F023 (2011).

  • 共著論文
  1. H. Ogi, T. Ishihara, H. Ishida, A. Nagakubo, N. Nakamura, and M. Hirao
    ‘‘Thermal Mode Spectroscopy for Thermal Diffusivity of Millimeter-Size Solids‘‘
    Phys. Rev. Lett. 117, 195901 (2016).

  2. K. Adachi, H. Ogi, A. Nagakubo, N. Nakamura, M. Hirao, M. Imade, M. Yoshimura, and Y. Mori
    ‘‘Piezoelectric coefficients of GaN determined by hopping conduction of carriers‘‘
    Appl. Phys. Lett. 109, 182108 (2016).

  3. K. Adachi, H. Ogi, A. Nagakubo, N. Nakamura, M. Hirao, M. Imade, M. Yoshimura, and Y. Mori
    ‘‘Elastic constants of GaN between 10 and 305 K‘‘
    J. Appl. Phys. 119, 245111 (2016).

  4. H. Ogi, S. Masuda, A. Nagakubo, N. Nakamura, M. Hirao, K. Kondou, and T. Ono
    ‘‘Impact of interface stiffness in surface-wave resonances on nano-strip-attached substrates’’
    Phys. Rev. B 93, 024112 (2016).

  5. H. Ogi, Y. Tsutsui, N. Nakamura, A. Nagakubo, M. Hirao, M. Imade, M. Yoshimura, and Y. Mori
    ‘‘Hopping conduction and piezoelectricity in Fe-doped GaN studied by non-contacting resonant ultrasound spectroscopy’’
    Appl. Phys. Lett. 106, 091901 (2015).

  6. M. Tane, Y. Okuda, Y. Todaka, H. Ogi, and A. Nagakubo
    ‘‘Elastic properties of a single-crystalline ω phase in titanium’’
    Acta Mater. 61, 7543 (2013).


  • セミナー
  1. ‘‘フェムト秒パルスレーザーを用いたサブTHzフォノンの励起・検出’’
    2016年3月8日,京都大学

  2. ‘‘Elasticity measurements by Picosecond ultrasound spectroscopy’’
    18th(Mon.) May 2015, Academy of Sciences of the Czech Republic, Prague, Czech Republic

  • 学会活動
  1. 5th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan
    “Discussion on very small temperature dependence of diamond's elastic constants”
    28th(Mon.) Nov. - 2nd(Fri.) Dec. 2016,
         Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort, Honolulu, USA

  2. The 37th Symposium on Ultrasonic Electronics
    “Wave-propagation properties of alpha and beta Lanthanum studied by ab-initio calculations”
    16th(Wed.) - 18th(Fri.) Nov. 2016, Pukyong National University, Busan, Korea

  3. The 36th Symposium on Ultrasonic Electronics
    “Guided wave propagation in a 2-D patterned nano-bridge studied by picosecond ultrasonics”
    5th(Thurs.) - 7th(Sat.) Nov. 2015, Epochal Tsukuba, Ibaraki, Japan

  4. 9th International Conference on New Diamond and Nano Carbons 2015
    “The apparent Hall-Petch effect of nano-polycrystalline cubic boron nitrides”
    24th(Sun.) - 28th(Thurs.) May 2015, Shizuoka GRANSHIP, shizuoka, Japan

  5. 2015 International Congress on Ultrasonics
    “Precise measurement of sound velocity of amorphous silica
         at low temperatures by picosecond ultrasounds: correction of static heating effect”
    10th(Sun.) - 14th(Thurs.) May 2015, Arsenal, Metz, Flance

  6. TMS (The Minerals, Metals and Materials Society) 2015, 144th annual Meeting
    “Elastic stiffness of cubic and wurtzite boron nitride”
    15th(Mon.) - 19th(Thurs.) March 2015,
         Walt Disney World Swan and Dolphin Resort, Orland, Florida, USA

  7. 2015年春季 第62回 応用物理学会春季学術講演会
    「極低温ピコ秒超音波法を用いた異なるキャリア密度のGaNに対するキャリアダイナミクスの観測」
    2015年3月11〜14日,東海大学 湘南キャンパス(招待講演)

  8. The 35th Symposium on Ultrasonic Electronics
    “Acoustic properties of co-doped AlN thin films
         at low temperatures studied by picosecond ultrasonics”
    3rd(Wed.) - 5th(Fri.) Dec. 2014, Meiji University, Tokyo, Japan
    ↑奨励賞受賞!

  9. 2014年秋季 第75回 応用物理学会学術講演会
    「極低温ピコ秒超音波法を用いたGaNのキャリアダイナミクスの観測と圧電定数計測」
    2014年9月17〜20日,北海道大学
    ↑奨励賞受賞!

  10. 2014 IEEE International Ultrasonics Symposium
    “Temperature coefficients of fluorine-doped amorphous-SiO2 thin films
                                  measured by picosecond ultrasonics”
    3rd(Thurs.) - 6th(Mon.) September 2014, Hilton Hotel Chicago, Chicago, Illinois, USA

  11. The 34th Symposium on Ultrasonic Electronics
    “Acoustic properties of fluorine-doped silica-glass thin films at low temperatures”
    20th(Wed.) - 22th(Fri.) Nov. 2013, Doshisha University, Kyoto, Japan

  12. 2013 International Congress on Ultrasonics
    “Measurement and Calculation of Elastic Constants of Boron Nitrides”
    2nd(Wed.) - 5th(Sun.) May 2013
         Grand Copthorne Waterfront Hotel, Singapore, Singapore

  13. The 33rd Symposium on Ultrasonic Electronics
    “Sub-terahertz-frequency attenuation and sound velocity of GaN
         at Cryogenic Temperatures Studied by Picosecond Ultrasound Spectroscopy”
    13th(Tue.) - 15th(Thurs.) Nov. 2012, Chiba University, Chiba, Japan

  14. 2012年秋季 第73回 応用物理学会学術講演会
    「極低温域における圧電体・誘電体に対するサブTHz超音波の減衰計測」
    2012年9月11〜14日,愛媛大学

  15. Quantitative Nondestructive Evaluation (QNDE) 2012
    “Study of Phase Transition in SrTiO3
         Using Ultrasonic Attenuation at Sub-Terahertz Region”
    15th(Mon.) - 20th(Fri.) July. 2012
         Hyatt Regency Denver Tech Center, Denver, Colorado, USA

  16. Materials Research Society(MRS) Fall Meeting 2011
    “Elastic Constants of Boron Nitrides at Cryogenic Temperature”
    28th(Mon.) Nov. - 2nd(Fri.) Dec. 2011
         Hynes Convention Center, Boston, Massachusetts, USA

  17. The 32nd Symposium on Ultrasonic Electronics
    “Monitoring of sound velocity and attenuation in SrTiO3
         across the phase transition at low temperature using picosecond ultrasonics”
    8th(Tue.) - 10th(Thurs.) Nov. 2011, Kyoto University, Kyoto, Japan

  18. International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2011
         The 10 th Annual Conference of the Asian Society
         on Experimental Mechanics (ATEM10)
    “Picosecond Ultrasound Spectroscopy for High Purity Boron Nitrides”
    19th(Mon.) - 21th(Wed.) Sep. 2011
         Kobe International Conference Center, Kobe, Japan

  19. 5th International Conference on New Diamond and Nano Carbons 2011
    “Elasticity of High Purity Boron Nitrides at Cryogenic Temperatures
         Studied by Picosecond Laser Ultrasound and ab-initio Calculation”
    16th(Mon.) - 20th(Fri.) May 2011, Kunibiki Messe, Shimane, Japan

  20. 2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会(震災のため口頭発表及び質疑応答は中止)
    「高純度BN多結晶体の超高弾性とその極低温計測:ピコ秒超音波計測と第一原理計算」
    2011年3月24〜27日,神奈川工科大学